PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

屋山太郎氏が福島瑞穂氏に裁判で敗訴。屋山氏はパックンにも事実誤認。

   

Pocket
LINEで送る

福島瑞穂氏が屋山太郎氏を提訴していた件で、福島瑞穂氏が勝訴して

います。

 

屋山太郎氏に賠償命令。

2019年2月に静岡新聞にて、屋山太郎氏が新聞で発表したコラム内で徴

用工訴訟について「この訴訟を日本で取り下げさせたのは福島瑞穂議員。

福島氏は実妹が北朝鮮に生存している。政争の具に使うのは反則だ」と

書いたことで、福島瑞穂氏は「そもそも妹はいない」として、屋山太郎

氏の名誉毀損を訴え、屋山太郎氏は「他の人と取り違えていた」として

争っていましたが、東京地裁(沖中康人裁判長)は11月29日に、屋山

太郎氏に330万円の損害賠償を求めた裁判で330万円の支払いを命じる

判決を言い渡したのです。

広告

判決では屋山氏のコラムを

憲法43条1項で「全国民を代表する」と定めた国会議員である原告

(福島氏)が、「身内を利するためにまたは公私を混同させて政治

活動を行なっているとの印象を与えるものであり、原告の政治家と

しての社会的評価を著しく低下させるものである」(中略)「新聞

という多数の読者が想定され、信憑性が高いとされる媒体に掲載さ

れた」ことや、屋山氏が福島氏について「その真偽を調査・確認す

ることなく」執筆したことなどから、静岡新聞で訂正記事が掲載さ

れたことを考慮したとしても、「慰謝料は300万円を相当と認める

」(弁護士費用を含めると330万円)と結論づけた。

以上。弁護士ドットコムソース。

 

となったのです。今後も控訴審とかもある可能性も出てきますが、屋

山太郎氏がいう「他の人と取り違えていた」とは一体誰の事なのかも

気になるところですが、とりあえずはこのような裁判がありました。

広告

屋山太郎氏はパックンにも事実誤認を。

屋山太郎氏と言えば同じ静岡新聞の2019年9月25日のコラムで、パック

ンに関しても事実誤認がありました。それは「パックンの認識は「日本

はホロコーストをやったドイツと同等。したがって相手が嫌がっている

旭日旗の持ち込みを禁止すべきだ」「そう我慢するのが日本人のおもて

なしの心でしょう」」という内容のものでした。

 

これに対して事務所側は、パトリック・ハーランはそのような発言を一

切しておりませんとしたうえで、

静岡新聞社は、そのような発言がなかった事実を認め、10月23日

朝刊の紙面(右上「論壇」欄最後)で、次のとおり訂正しました。

静岡新聞「論壇」紙面.pdf「BS-TBSの番組でパックンは『日本の

ホロコーストをやったドイツと同等。従って相手が嫌がっている旭

日旗の持ち込みを禁止すべきだ』との認識はしめしていませんでし

た。お詫びし削除します。」

 

と静岡新聞の謝罪内容とともに発言内容を否定しました。パックンの

件に関してはこれで終わりのようですが、福島瑞穂氏との件に関して

は、まだしばらく争いが続くのかもしれません。一方の静岡新聞は災

難にあったと見るべきか、起用人物の人選に問題があったと見るべき

か、どちらもあるのでしょうが何とも言えない話です。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 便利