PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

堤下敦,睡眠薬服用での運転で警察へ。現在はドラマに支障なし。

      2017/06/15

Pocket
LINEで送る

睡眠薬を飲んで車の運転をしたとして、警視庁から事情聴取を受けてい

た堤下敦ですが、吉本側は今の所解雇や休養の可能性を否定し、ドラマ

「人は見た目が100パーセント」は通常通り放送するとしています。

 

 

14日午前2時30分前、東京・狛江市東和泉の路上で、堤下が運転する

車が、反対車線側にはみ出し道路の中央部分で停車しているのを、近

くを通りかかったタクシー運転手が見つけ通報。警察官が駆けつけた

際、堤下はもうろうとした状態で、ハンドルに顔を伏せ「睡眠薬を飲

んだ」と話したため、警視庁は堤下から事情を聞いていた。

以上。オリコンソース。

 

となっており、事故前後の記憶については断片的としていて、運転中曲

がる道を忘れてから警察署の近くの病院での一連の出来事が繋がってい

ないとしています。

 

アレルギー抑制の3種類の薬を服用。

堤下敦は警察に事情聴取され、その後の検査で睡眠導入剤の一種が検出さ

れていて、吉本興業は堤下敦が運転前に服用していた薬の詳細を公表しま

した。

 

薬の内容は「ベルソムラ20ミリグラム」1錠(眠りの質を高める)、「

レンドルミンD錠0・25グラム」1錠(熟睡できる)、「アレジオン錠

20ミリグラム」2錠(アレルギーを抑える)の3つの薬と使用していた事

を発表しています。

広告

ベルソムラ

睡眠薬のベルソムラは通常の睡眠薬よりも副作用が出やすく、不眠症患者

を対象にした調査では全体の20%に副作用が現れるとしています。ベルソ

ムラ服用時にの運転に関しては

 

健康成人28例に、本剤20mg又は40mgを就寝前投与し、翌朝(投与

後9時間)に自動車走行検査を実施したとき、20mgの単回投与、40

mgの単回及び8日間反復投与において、一部の被験者に運転能力に

対する本剤の影響が認められた。

なお、2例が40mg投与時に、1例が20mg投与時に、1例が40mg及

び20mg投与時に、傾眠の発現のため自動車走行検査を中止した。

以上。MSD株式会社ソース。

 

堤下敦が服用していたのは「ベルソムラ20ミリグラム」1錠なので、

この説明だけを見る限りでは運転は危険を伴うものだった可能性が高い

と考えられます。

 

レンドルミンD錠

「レンドルミンD錠0・25グラム」1錠についてですが、通常は不眠症

の治療や麻酔前投薬などに用いられるとしています。不眠症の場合は通常

は成人は1回1錠を1日に1回就寝前に服用する事となっています。

 

副作用としては残眠感や眠気やふらつき等があるとしていて、注目される

ところでは

薬を飲んでから後の記憶が一時的に抜け落ちている、頭の中がボーッ

とする [一過性前向性健忘、もうろう状態]

以上。QLifeソース。

 

ともあり、堤下敦は記憶が部分的に記憶がない事を話していましたので、

もしかしたらレンドルミンD錠の影響があるのかもしれません。

 

アレジオン錠

アレジオンはアレルギーを抑えるための薬で、ベルソムラとレンドルミン

D錠と比べると運転に支障が出る症状は考えにくくこの薬が堤下敦の運転

に影響があったとは考えにくいです。

 

これらを考えると堤下敦は、ベルソムラとレンドルミンD錠を服用すべき

タイミングを誤り、なおかつ副作用により正常な運転ができなくなった可

能性が考えられます。

 

ベルソムラは服用後の運転には問題があり、レンドルミンD錠は就寝前に

服用するものとされている事を考えると堤下敦は通常の常識的な薬の服用

をしていたのかという疑問が出てきます。

広告

罰則はどのようなものになるのか?

警察では「正常な運転ができない状態」で運転していた疑いで調べを進め

る方針ですが、「正常な運転ができない状態」というのは

「これは『自動車を運転するのに必要な注意力、判断能力、操作能力が、

相当程度低下して、危険な状態にある』ことをいいます。2013年にでき

た『自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律』で

も薬物の影響により『正常な運転ができない状態』での運転を厳しく規

制しています」

以上。キャリコネニュースより。

 

となっていて、飲酒運転とは違い薬の服用の場合は明確な基準があるわけ

ではないので、今後の捜査次第ですが罰則として考えられるのは道路交通

法違反による3年以下の懲役か50万円以下の罰金刑が考えられます。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能 , ,