PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

寺元博昭元国土交通省国道事務所長が茨木市長選挙に大阪維新の会で出馬。経歴は

      2020/02/03

Pocket
LINEで送る

2020年4月に行われる大阪府茨木市長選挙に大阪維新の会から寺元博

昭氏が立候補を表明しています。

 

寺元博昭氏が出馬。

任期満了に伴う大阪府茨木市長選に、大阪維新の会公認の新人で元

内閣官房内閣参事官の寺元博昭氏(58)が立候補する意向を表明し

ました。茨木市長選での出馬表明は再選を目指す現職の福岡洋一市

長(44)に続いて2人目となります。

広告

茨木市役所で31日会見した寺元氏は「北大阪の発展のため、ス

ピード感をもって政策を実現していく」と決意を述べた。寺元氏

は東京大大学院修了。昭和62年、旧建設省(現国土交通省)に

入省し、国交省大阪国道事務所長などを歴任した。

以上。産経新聞ソース。

 

茨木市長選挙は4月5日告示で12日投開票となっています。

寺元博昭氏は1961年9月19日生まれ。

東京大学卒、元国土交通省大阪国道事務所長、元内閣官房内閣参事官

などの経歴があります。

 

2016年の茨木市長選挙は。

前回の茨木市長選挙では新人だった福岡洋一氏が現職の木本保平氏

を倒しています。

 

結果は

福岡洋一 (フクオカ ヨウイチ)40歳 36,865 票

木本保平 (キモト ヤスヒラ)71歳 20,226 票

末武和美 (スエタケ カズミ)69歳 14,842 票

とこのようになっています。

 

仮に今回の茨木市長選挙で寺元博昭氏が勝った場合は、2回連続で現職

が1期目で落選してしまう選挙という事になります。

 

この選挙ですが2012の茨木市長選挙で、大阪維新の会推薦で当選した

木本保平氏が借入金5千万円を資産報告書に記載していなかった問題が

発覚した事により、2016年の選挙では大阪維新の会所属の地元議員ら

は木本保平氏を支援をやめ、福岡洋一氏を擁立したのでした。

 

2016年4月10日の茨木市長選挙の結果、大阪維新の会や自民党の地元

議員の支援を受けた福岡洋一氏が当選したのです。この選挙では大阪

維新の会の一部茨木市議が保平氏を支援しており、大阪維新の会とし

てはやや分裂含みの選挙ともなっています。

 

大阪維新の会は福岡洋一氏を支援したのですが、今回は別の候補者を出

すという事で、福岡洋一氏と大阪維新の会との間で何かうまくいかない

事があったのかもしれません。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治, 関西政治