PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

平慶翔氏に怪文書?下村博文氏の秘書時代のものか?現在も存在を否定。

      2017/06/20

Pocket
LINEで送る

都民ファーストの会から立候補している下村博文・自民党幹事長代行の

元公設秘書だった平慶翔氏に関する怪文書が出回っています。

 

平慶翔氏にまつわる怪文書が。

都民ファーストの会からの目玉法捕の1人として注目されている女優・平

愛梨氏の実弟である平慶翔氏に関するある怪文書が出回っているという

のです。

広告

平慶翔氏といえば、下村博文・自民党幹事長代行の元公設秘書を務めて

いた人物で、今回下村博文氏のおお膝元の板橋区から都議選に出馬して

いるのですが、下村氏が過去に平慶翔氏との間で交わしたとされる文書

が存在するという物です。

 

内容は

〈私は、■■■■■■■■詐取したことを認め謝罪いたします〉と5

項目にわたってほぼ同じ文面が並び、その次に〈(5項目)以外に窃

盗、詐欺、横領などに当たる行為をしたことがないことを誓約します〉

以上。NEWポストセブンソース。

 

という内容のもので、この内容が指すところは過去に事務所費約30万円

を私的に使ったとされるもので、この文書は弁護士の立会いの下に作製

されたものなのですが、これが過去に発覚した当時平慶翔氏は「事実無

根。文書があるなら見たい」としていました。

 

今回登場した文書はそのコピーとされていて、平慶翔氏は

「上申書なるものは平氏が関与して作成されたものではなく、本人

はこのような文書自体を初めて見ました。日付、住所、氏名の手書

き部分は本人が記入したものではありません。この上申書は何者か

によって偽造されたものであり、平氏としては、文書偽造罪で刑事

告訴することを検討します」

 捏造された“怪文書”との主張である。下村事務所は文書作成の事

実は認めるが、「公表する考えはない」

以上。NEWポストセブンソース。

 

として刑事告訴するとしていますが、果たして本当に実行するのでし

ょうか?

広告

板橋区選挙区にどのような影響が出るか?

板橋区選挙区は定数5となっており板橋区選挙区の候補者は

平慶翔(29)新 都民ファーストの会

木下富美子(50)新 都民ファーストの会

橘正剛(64)現 公明党

河野雄紀(47)現 自由民主党

松田康将(40)現 自由民主党

徳留道信(65)現 日本共産党

宮瀬英治(40)現 民進党

安原宏史(27)新 幸福実現党

熊木美奈子(55)元 無所属

 

が立候補していて、都民ファーストが2議席を獲得する勢いだとしていま

す。自民党は家計学園の件で一時期勢いを取り戻したかに見えたのが、再

び劣勢に立たされており、自民党が2人共当選するのは難しいかもしれま

せん。都民ファーストが2議席、公明党が1議席、残り2議席を自民党2人

と共産党とで争う形となりそうです。

 

このタイミングでの怪文書流出はどのような影響を及ぼすのでしょうか?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能 , , ,