PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

孫楊がドーピング違反8年間資格停止。またマック・ホートンに矛先が?

   

Pocket
LINEで送る

疑惑の孫楊に8年間の資格停止処分です。

 

孫楊が8年間の資格停止に。

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は28日、競泳男子の孫楊(中国)をドー

ピング違反により8年間の資格停止処分としたことを発表しました。

処分期間は2月28日からとなります。

広告

それに伴い

孫楊の昨年7月の世界選手権男子200メートル自由形の優勝の成績

は取り消さないと決めた。そのため、同種目で銀メダルを獲得した、

松元克央(23=セントラルスポーツ)が孫楊に代わり繰り上がりで

東京五輪代表に内定することは無かった。日本水泳連盟は世界選手

権金メダル獲得者を東京五輪代表内定にしていた。

以上。日刊スポーツソース。

 

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は競泳男子の孫楊について、男子

20メートル自由形を制した昨年の世界選手権の成績は取り消

さないと決め、同種目銀メダルの松元克央(セントラルスポーツ)

は繰り上がらなかった。

 

 

8年とはかなり長い年月での資格停止という事になるのですが、メダ

ルがはく奪されなかったのは何とも不思議な感じが致します。2018

年9月の孫楊の自宅での抜き打ち検査では、孫楊の自宅警備員が血液

検体の容器を壊したものの、前後の検査では陰性だったことなどを考

慮した結果、200メートル自由形を制した19年世界選手権の成績は無

効にはしないとはしているものの、孫楊にとってはかなり厳しい処分

でしょうから、スポーツ仲裁裁判としてはそれ相応の根拠があって

の処分なのでしょう。

広告

マック・ホートンの父の家が荒らされたことも。

2019年7月の世界水泳(競泳)で男子200メートル、400メートル自

由形で優勝した孫楊に関しては、海外の選手たちが抗議行動を起こし

ており、とりわけオーストラリアのマック・ホートンはあからさまに

孫楊に不快感を示しており、当時優勝した孫楊に対する抗議の意味を

込めて表彰台に上らないという行動をとった事で話題となりました。

 

その後ホートンに関して中国からとみられるネットユーザーからの嫌

がらせがあったばかりか、ホートンの父の家が荒らされたこともあっ

たとしています。

 

「ホートン、ホートンの彼女、家族、その他の関係する人たちは、

ネット荒らしのターゲットにされている。彼は中国に製品を販売

している国際的な会社のスポンサー契約を得る機会を失った。(

中略)世界水泳の騒動と関係するか断定できないものの、ホート

ンの父・アンドリューさんの自宅が何者かに荒らされていたとい

う。「ホートンの家族の家も、荒らしをする者にターゲットにさ

れている。先週でさえ、父のアンドリュー・ホートンは私有物が

ダメージを受けたことで、警察に報告したという新しい事件もあ

った。『これは現在進行中の問題だから』とアンドリューはその

詳細を語ることを断った」

以上。THE ANSWERソース。

 

父の家が荒らされた事に関しては、何とも言えない側面はあるの

ですが、今回の有罪によりその怒りがマック・ホートン周辺に向

かわなければいいのですが。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 事件, 便利