PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

辛坊治郎氏による深層NEWSパワハラ騒動を文春が報じるも捏造と否定。

   

Pocket
LINEで送る

辛坊治郎氏によるパワハラ騒動を週刊文春が報じています。本人は否

定していますが、今後どのような過程を辿るのでしょうか?

 

辛坊治郎氏にパワハラ騒動が。

「深層NEWS」(BS日テレ系)番組終了後の話だったとしています。

辛坊治郎氏が司会をしている番組ですが、今回起きたとされるパワハ

ラ騒動は2019年12月中旬に起きたというのです。

広告

女性プロデューサーが辛坊治郎氏を玄関口の車寄せのところで呼び止

め、そこで言い争いになり辛坊治郎氏が壁に手をつき「壁ドン」の格

好で、女性に対して「お前なんかいつでも飛ばせる」など発言したと

しています。

 

辛坊治郎氏はこれに対して「私は出入り業者で、向こうはチーフプロ

デューサーもいる。どっちが立場が上か、分かるでしょ?」とし、

イッターでは「今思い出した。あの時私は、「貴女は局の責任者なん

だから、私の発言がそんなに嫌ならクビにしたらいいだろ!」とは言

った。文脈完全に逆だよね。」として全くの正反対だと主張しています。

 

この件により女性はコンプライアンス担当の部署に訴えており、一時

体調を崩して会社を休んでいたというのです。

広告

この件について日本テレビでは

「放送終了後、番組制作を担当している社員が、帰り間際の辛坊

治郎氏に次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた際に、番

組制作をめぐる話となり、意見の相違から言い方が激しくなった

場面がありました。その後、上記制作担当社員から上司に対し相

談があり、当該社員はショックを受け、疲れた様子も窺えたので、

代休を取得させました。この件に関して、辛坊氏と報道局幹部が

話をして、辛坊氏からは『帰り間際に呼び止められ、番組の内容

についての議論になったものだが、ショックを与えたとしたらま

ったく本意ではなく申し訳なかった』旨の表明がありました」

以上。週刊文春ソース。

 

というものですが、パワハラに関しては辛坊治郎氏は「ちゃんと事

実関係を詰めてください」「私もはらわたが煮えくり返る思いなん

です」とし、ツイッターでは「皆さん、協力して下さい。真実を

げて下さい。捏造メディアの駆逐にチカラを!」と週刊文春の報道

内容を捏造とし批判しています。

 

辛坊治郎氏は「深層NEWS」を2019年9月30日より出演しており、

「長年やって来た地上波の枠とは違うところで、番組ができると面

白いと思う」と語っており、読売テレビでは「ウェークアップ!ぷ

らす」でキャスターを務めている事に触れ、

「長年やって来た地上波の枠とは違うところで番組ができるんじ

ゃないか。面白いと感じています」と期待感を表明。「他では見

られないニュースを伝えられたら。BS日テレで毎日夜10時か

らやってるのが面白いと言われるようになりたい」と決意を伝えた。

以上。日本テレビソース。

 

と辛坊治郎氏は話していました。それだけに今回のパワハラ騒動とな

ってしまったのですが、辛坊治郎氏は今後どのような反論をしていく

のでしょうか?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能