PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

桜を見る会,民主党でも推薦枠。安倍政権以降費用・参加者が増大。

   

Pocket
LINEで送る

「桜を見る会」に関して参加者を決める選定での不透明さが自民党政権

だけではなく、民主党政権でも出てきているようです。

 

民主党でも推薦枠が。

首相主催の「桜を見る会」の参加者が増えていることや、推薦枠など

が設けられていた件が話題となっているのですが、この件の流れで20

10年4月当時の民主党・鳩山由紀夫政権において、当時の民主党が各

議員に「推薦枠」を割り振った上で、招待者を募っていたことを国民

民主党の玉木雄一郎代表明らかにしています。

広告

玉木雄一郎代表の説明によれば、当時民主党が党関係招待者検討チー

ムなるものを作り、所属議員から招待者を取りまとめていたとした上

で、

 

基準は「民間人を優先」「国民から疑惑を持たれないよう配慮」-

といった内容で、情報公開請求があればリストを公開する可能性が

あるとも明記していた。関係者によると、旧民主党全体で2500

人の「推薦枠」があったという。玉木氏は「公開を前提に名簿の提

出を求めていた」と述べ、旧民主党が透明性の確保に配慮していた

と強調。さらに「民主党政権時代も含め、選考は基準があいまいな

ところがあるのも事実だ。

以上。産経新聞ソース。

 

と明かしており、玉木雄一郎代表自身も各議員4名ほどの推薦枠で、

お世話になった方々を連れて行ったと話しているのです。

 

招待の不透明さが問題なのか、支出が問題なのか、本来は2つとも問

題なのでしょうが、果たしてこの問題は2020年度の桜を見る会の中

止で話は収まるのでしょうか?

広告

安倍政権以降桜を見る会の参加者が増加。

で、今回問題となっている安倍政権下での桜を見る会なのですが、予

算は過去5年間いずれも約1766万円となっているはずが、2014年では

参加者1万3700人で支出額3005万円となっておりこれは予算の1.7倍

で、2019年は参加者1万8200人で支出額5520万円と予算の3倍を超え

ています。

 

2014年時と比べて2019年の桜を見る会に関しては、参加者数が33%で

支出額は84%も増えているとしており、支出の内訳は会場設営等が929

万円から2167万円と233%増で、飲食物提供費用が1432万円から2262

万円と58%増となっています。

 

参加人数に関しては中曽根康弘政権では7000~8000人、竹下登政権

では1988年が7000人程。1989年は6800人で、海部俊樹政権では19

90年は7000人、1991年は8000人が参加。宮澤喜一政権の1992年は

約1万人、1993年が8700人。細川護熙政権では1994年が7400人、1

995年は阪神淡路大震災のために中止されています。橋本龍太郎政権で

の1996年は1万人、1997年は8000人、1998年も8000人。小渕恵三政

権では1999年に1万1000人が参加しています。森喜朗政権は2000年が

8500人で2001年が8000人。小泉純一郎政権では2002年と2003年の

参加者は8000人で、2004年は8400人、2005年は8700人で2006年は

1万1000人が参加しています。第1次安倍晋三政権では2007年は1万10

00人、福田康夫政権では2008年が1万人、麻生太郎政権での2009年が

1万1000人で、鳩山由紀夫氏政権では2010年が1万人、2011年は東日

本大震災のため中止、2012年は北朝鮮のミサイル発射予告でまたして

も中止となったのです。

 

そして再度安倍晋三政権となったのですが、2013年は1万人だったも

のの、2014年が1万3200人、2019年は1万8200人もの人が来たとい

うのです。

 

なぜこのような事になってしまったのかは検証する必要があるのです

が、問題はこの会に私物化があったかどうかや、予算を超えた支出な

どで、再開するにはとにかく透明性が求められます。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治