PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

斎藤涼介容疑者と石沢結月さんと過去交際。犯人の母が警察に相談。

   

Pocket
LINEで送る

新潟の事件で犯人が指名手配されていますが、早く犯人を見つけなけ

ればならない特殊事情がありそうです。

 

25歳男が指名手配に。

11月15日夜に新潟駅近くのビルで起きた20歳の女性が刃物で複数回

襲われたその後死亡した事件で、警察は殺人の疑いで埼玉・上尾市出

身で住居・職業不詳25歳の斎藤涼介容疑者を全国に指名手配しています。

広告

 

斎藤涼介容疑者の特徴は身長175~180cmほどで細身のなで肩となっ

ていて、犯行当時はグレー系のハーフコートに黒っぽいズボンに白い

靴を履き、ベージュのショルダーバッグをかけていたというのです情

報提供は「新潟警察署(025-249-0110)」としています。

 

犯行の状況として

県警捜査1課などの発表によると、斎藤容疑者は15日午後8時

55分ごろ、新潟駅の北東約200メートルにある商業ビルで、

同市秋葉区の飲食店店員、石沢結月さん(20)を刃物で刺すな

どし、殺害した疑いがある。2人は顔見知りだったという。同じ

ビルの別の飲食店の店員によると、事件当時、男の怒鳴り声が聞

こえるなどし、その後、女性が血だらけでビル内の階段踊り場に

倒れていたという。

以上。朝日新聞ソース。

 

斎藤涼介容疑者と石沢結月さんとの関係について

捜査関係者によりますと、斎藤容疑者の母親が14日、実家のある

埼玉県の上尾警察署に「息子が元の交際相手を傷付けてしまった。

本人も自殺をほのめかしている」と相談していたということです。

以上。テレビ朝日ソース。

 

さらに斎藤涼介容疑者の母親が11月14日と15日に「息子が女性とト

ラブルになっている」と、埼玉県警上尾署に電話相談していたという

話もあり、14日と15日共に上尾署は斎藤涼介容疑者との面会を提案

したものの、母親が「家族で話をしてみる」として断ったというので

す。そのような流れがあり埼玉県警ではトラブルの内容はわかってい

ないとしています。

 

埼玉県警は対応として元交際相手の名前や住所などを斎藤涼介容疑者

に聞くように母親に求めたのですが、母親は「息子が話してくれない」

と話したとしており、当時埼玉県警は斎藤涼介容疑者が住んでいた神

奈川県警に情報提供をしたというのです。

 

そして11月15日の昼前なり母親から「息子を(実家に)連れて帰って

きた」と上尾署に電話があり、上尾署員が面会要請をしたものの母親は

「今は落ち着いているので、警察が来るのは控えてほしい」と断ったの

で、上尾署は「息子の様子をよく監督して、トラブルがあった時や外出

する時は教えてほしい」と母親に求めています。

 

新潟県警の話として今回の事件前に石沢結月さんからの警察への相談は

ないと話しています。

広告

11月14日という事は事件が起きる1日前という事になるのですが、斎

藤涼介容疑者は母親が警察に相談したのを知っていたのか、それが今

回の事件を誘発させる要因となったのかどうかはわかりませんが、こ

れらを考えると斎藤涼介容疑者はいずれどこかのタイミングで被害者

を狙う計画があったのかもしれません。

 

それと気になるのは男3人組という報道もあり、そうなると斎藤涼介

容疑者を含めた場合は残りの2人の行方も気になるところです。指名

手配されていないという事は、別状の罪なので指名手配の名前に載ら

ないのか、それともそもそも3人組というのは見間違いだった・・・、

最初残りの2人は存在していなかった可能性もあります。

 

あと母親が息子の自殺の話をしていますが、それだと早急に容疑者

確保が求められるので、何としても犯人逮捕となればいいのですが・・・。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 事件