PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

ポルシェが2021年にF1参戦?ターボエンジン供給も?過去の成績は。

   

Pocket
LINEで送る

過去にF1に参戦していたポルシェが2021年のF1参戦を発表するのでは

という話が出てきています。仮に参戦となれば5チーム目のパワーユニ

ット製造メーカーとなるのですが・・・。

 

ポルシェがF1参戦を発表へ?

ポルシェが2021年度からのF1参戦を月中に発表するとゲルハルト・ベ

ルガーが話しています。2021年と言えばパワーユニットに関するレギ

ュレーション変更が行われるととされている年で、FIA(国際自動車連盟

)とリバティ・メディアは今の所2021年のF1パワーユニットはV6ター

ボ、1.6リッターハイブリッドを維持するがした上でMGU-Hを廃止する

という提案をしていますが、一部のチームはこの案に反対しているとさ

れています。

広告

「同年からのパワーユニットの新技術規約が確定され次第、ゴーサ

インを出すことになっている。(F1オーナーの)リバティ・メディ

アは、5月中に決めると言明している。それを受けて、ポルシェは

正式発表するだろう」

以上。オートスポーツソース。

 

とゲルハルト・ベルガーは語っているのですが、果たして本当に参戦を

5月というタイミングで発表するのでしょうか?

広告

ポルシェのこれまでの成績は?

ではポルシェはこれまでどのような成績を挙げてきたのでしょうか?

 

参戦期間 1958~1964

出走 32

優勝 1回

ポールポジション 1回

表彰台 5回

フロントロー 3回

レース周回数 3309周

レース距離 21577km

ラップリーダー 20周

ラップリーダー距離 172km

ポイント(コンストラクタ) 48

ポイント(所属ドライバー) 50

 

ポルシェは1957年のドイツグランプリより参戦しこの時はウンベルト・

マグリオッリがエンジントラブルながら11位完走となっています。19

62年のドイツグランプリではダン・ガーニーがポールポジション、フ

ランスグランプリでは同じくダン・ガーニーがが2位に1周差をつける

優勝を果たしました。1964年のオランダグランプリをもってF1から

は撤退しています。

 

その後エンジン供給としては1983年~1987までマクラーレンとタッ

グを組み(バッジネームはTAG)アラン・プロストが19勝・ニキ・ラ

ウダが6勝の計25勝をもたらしました。あとポールポジションがアラン

・プロストが6回・ケケ・ロズベルグが1回の計7回、ファステストラッ

プがアラン・プロストが12回にニキ・ラウダが6回の計17回となって

います。1991年にもポルシェとしての供給がありましたが全レースで

リタイヤとなっています。エンジントラブルは3回でした。

 

とポルシェはF1に長い時期ではないものの、短期的に関わってきた事も

あり、コンストラクタとしての参戦となれば57年ぶりの参戦となります。

ただMGU-H導入維持か廃止かによってはポルシェの参戦中止もしくは

他のパワーユニットメーカーの撤退もあり得るかもしれません。

広告

Pocket
LINEで送る

 - F1 , , ,