PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

大植良太郎被告が逃走。保釈許可を出した裁判官は岸和田の女の時と同じ人物。

      2019/11/11

Pocket
LINEで送る

また大阪地検が不祥事を起こしてしまいました。

 

また被告が逃走。

11月9日午前4時頃に大阪府東大阪市新町の路上で、大植(おおうえ)

良太郎被告(42)が、大阪地検が収容した男が護送中の車から逃走し

ています。容疑者は覚せい剤取締法違反罪と大麻取締法違反罪で起訴

されこれまで大阪地裁岸和田支部の公判に3回出廷せず、結果11月7日

に保釈が取り消されてしまっているというのです。

広告

被告は車の3列シートの最後尾に乗っていたが、走行中に「手錠が

きつい」と伝え、事務官が左手の手錠を外したところ、暴れ出した。

ドアが半開き状態になったため、事務官が車を止めた際、2列目の

ドアから逃走した。女性事務官が運転し、2列目、3列目に男性事

務官がいた。

以上。産経新聞ソース。

 

先月の女性被告の逃走に続き2回目となってしまったのですが、

大阪地検は、「大変重く受け止め、申し訳ない」としたうえで「

現段階で内規違反はないと考えている」とコメントしています。

以上。関西テレビソース。

 

今回保釈許可をした裁判官は、2019年10月末に地検岸和田支部から

逃走した女の保釈も許可していたことが分かっています。

 

一方で10月30日、地検岸和田支部で収容直前に逃走し、2日後

に確保された野口公栄(きみえ)容疑者(49)=公務執行妨害容

疑などで逮捕=は、3月18日付の地裁の許可決定に基づき保釈さ

れた。関係者によると、大植被告と野口容疑者の保釈は、同じ裁判

官が決定したという。

以上。産経新聞ソース。

 

という事で、運が悪かったのかどうかはわかりませんが。

 

逃走現場

 

 

 

東大阪市の話では、大阪府警と検察側からは午前6時ごろに連絡があ

ったと話しており、午前7時半ごろから東大阪市内全域で防災行政無

線で警戒を呼びかけたというのです。今回の事件で東大阪市は体育館

やホールなど市内9施設を閉館する処置をとっています。

 

大植良太郎被告は右手に手錠をしたままとなっていて、身長171cm

程の丸刈り頭で、紺色のシャツに迷彩柄のズボンの服装だとしていま

す。

 

でまあ・・・やはりと言いますか、便乗の動画も登場していて、「は

じめまして大植良太郎です、護送中の車両から逃走しておばあちゃん

を人質にとってます」なる動画をyoutubeで公開している人物がおり、

ほとんど相手にされてはいないようですが、今後もこのようなヤカラ

動画が出てくるのでしょう。

 

早く逮捕される事を望むのですが、中にはこのような人物もいます

ので・・・。

 

このような状況が頻発する背景として

「何も訓練されていない検察事務官は、ただの公務員と同じ。警察

官のように訓練は受けていないからだ」。元東京地検特捜部副部長

の若狭勝弁護士はこう話す。一般的に、被告の収容を担う検察事務

官らは、抵抗する相手を取り押さえる訓練は受けておらず、装備も

不十分とされる。今回の事件でも男女3人の事務官が被告の対応に

あたったが、「人数的に少ない」(若狭弁護士)。暴れたり、逃走

したりする可能性のある被告の収容について「事務官だけでの対応

には限界がある」

以上。産経新聞ソース。

 

というのです。全国的に今後も起こりえるであろうこのような事態

に警察や検察はどのような対応をするのか、そもそも対応をする気

があるのかが注目されるところであります。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 事件