PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

小田切千アナウンサーがのど自慢でハプニングに対処。名前・身長・家族は。

   

Pocket
LINEで送る

「NHKのど自慢」がトラブルが起きたとして当時の事が話題となって

います。

 

NHKのど自慢でハプニングが。

8月18日に放送された「NHKのど自慢」で驚くハプニングが起きていた

としています。今回のNHKのど自慢は北海道・七飯町からの生中継だっ

たのですが、番組の終盤にゲストの鳥羽一郎の歌唱が終了した際に、出

場者の81歳の女性が体調不良で倒れ込んでしまったのです。

広告

この突然起きた事態に、司会を務めていた小田切千アナウンサーが駆け

寄り、待機していた救護班がステージに上がるなど一時騒然となる事態

となったのです。とりあえず特別賞発表は行われ何とか番組は終了とな

りました。

81歳という事でとうぜんこういう事態は想定はされるのですが、しかし

ながらそれでも突然起きてしまった出来事だけに視聴者はかなり驚いて

いたのでした。

 

素人が舞台に上がる機会はなかなかない上に、テレビに映るという事

もあり素人としてはかなりの緊張を強いられるだけに、お年寄りでな

くともかなり神経をつかうのは間違いはないのですが、そういう事態

にも対処しなければならない現場の緊張もそれなりにあるので、これ

は生放送ならではの負担とも言えるのですが、今回このような事態に

冷静に対処した小田切千アナウンサーの対応が注目されています。

小田切千アナウンサーは今回鳥羽一郎が歌い終わる瞬間すでに81歳の

女性に駆け寄っていて、鳥羽一郎が歌っている時に異変に気付いてい

たと見られ、その後救護に駆け寄り司会を進行していたとしています。

広告

小田切千アナウンサーはどのような人物か。

小田切千(おだぎりせん)アナウンサーは1969年9月13日生まれの神

奈川県厚木市出身。身長は166cm程。神奈川県立厚木高等学校出身、

駒沢大学に進学。その後1994年にNHKに入局しており、これまで長崎、

東京、水戸を経て日本語センターに出向後、現在は東京アナウンス室の

所属となっています。

 

NHKアナウンス室のHPで小田切千アナウンサーは「わたしがちょっぴ

り自慢したいこと」の欄に「「千」という名前。この名前にまつわる

エピソードは本当に多いです。」とあるのですが、これは元々出生名

が「秀一郎」で、出生当時はキャッシュディスペンサーが出回り始め

た頃だったので、キャッシュカードに記入されるカタカナに関して名

前が長すぎるのでカードに入りきらない等の事情があり、3歳の時に

名前を変更しているとして、高校生まで「千」を通称で名乗り現在は

戸籍変更しているという事です。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能