PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

松井一郎氏が汚染処理水受け入れ表明。大阪湾で放出案。

      2019/09/18

Pocket
LINEで送る

大阪府が汚染処理水の受け入れに言及しているのですが、これは大阪府

民から受け入れられるのでしょうか。

 

汚染処理水の受け入れを表明。

大阪市の松井一郎市長が、東京電力福島第1原発の汚染水処理の関して

「処理済みで自然界の基準を下回っているのであれば、科学的根拠を示

して海洋放出すべきだ」との見解を示しています。そして場合によって

は大阪湾での汚染処理水の受け入れもあり得るとしたのです。

広告

松井一郎市長はかつて東日本大震災から発生した震災がれきを大阪で

受け入れた件を持ち出し

「(大阪が協力する余地は)ありますよ」と述べた。さらに「科学

者が入る検討委員会で全く影響がないと明らかにし、丁寧に説明し

て政治家が決断すべきだ」と持論を展開した。吉村知事も同日の定

例記者会見で「国が正面から取り組まないといけない課題」と指摘

し、政治家が腹をくくって国民に説明して、やらないと先送りされ

ていく」と述べた。さらに小泉進次郎環境相が率先して取り組むべ

きだと主張し、「現実に放出となれば僕は協力する」

以上。毎日新聞ソース。

 

吉村洋文大阪府知事も同調しているように見えるのですが、完全に松

井一郎市長と同調しているわけではないようで、まず小泉進次郎環境

相が自身の地元である横須賀で処理をするのならという前提をつけて

いるのです。

 

これらの話の原点は原田義昭前環境相が「思い切って放出して希釈す

るしか方法がないと思っている」と発言したのが発端で、後任の小泉

進次郎環境相がその後島県の漁業関係者らに謝罪したという経緯があ

るのですが、この流れに松井一郎大阪市長が「科学が風評に負けては

だめだ」「難しい問題から批判をそらすことは残念。人体や環境に影

響がないと説明すべきだ」と批判していました。

 

松井一郎大阪市長の受け入れ言及に対して小泉進次郎環境相は

「市長の考えもある。会う機会があれば考えを聞いてみたい」と語

った。ただ、「軽々に所管外の者が発言することで福島の皆さんを

傷つけることはあってはならない」とも述べた。

以上。産経新聞ソース。

 

やはりと言いますか、大阪府漁業協同組合連合会(岡修会長)は9月

18日、松井一郎大阪市長と吉村洋文知事に対して、東京電力福島第1

原発の汚染処理水の大阪湾放出に関する発言を撤回するように求める

「緊急抗議文」を提出しています。これに対して松井一郎氏は見解を

変えず、小泉進次郎環境相には処理水問題を「所管外」とする接し方

に「口先だけではなく行動で示してもらいたい」と苦言を呈しています。

 

これまで8年間、壊れた原子炉の建屋から毎日約200トンもの放射性

物質に汚染された水をポンプで汲み出していますが、汚染水に含まれ

るほとんどの放射性同位体に関しては複雑な浄水システムで除去され

るものの、放射性同位体の1つであるトリチウムは除去が不可能だと

して、汚染水は巨大タンクに貯水されており2021年にも保管場所が

なくなるとしています。

 

 

 

 

広告

オスプレイ受け入れも表明しているが・・・。

大阪維新の会関連でいえば2013年6月に松井一郎氏と橋下徹氏が、オ

スプレイの訓練を八尾空港に移転する案を政府に提案した事があり、

地元の反発を招いた経緯があります。

 

松井一郎大阪市長は大阪府知事時代に2016年1月にも

「ぜひ大阪でも訓練をやるべきだと思っている」と述べ、一部訓

練を八尾空港(大阪府八尾市)で受け入れる考えを改めて示した。

以上。産経新聞ソース。

 

として意欲を示してはいたものの、現在も受け入れは実現していませ

ん。今回の汚染水の問題はオスプレイではなく震災がれきの件と絡め

て考えた場合は、受け入れ実現性が高そうな感じはするのですが、震

災がれきは廃棄処理するのに対して、汚染水は大阪湾に流すわけです

から汚染水の受け入れの難しさはどちらかというとオスプレイの問題

と並んで難しさを考えた方がいいかもしれません。

 

大阪で汚染水の受け入れをすれば、受け入れの流れが全国的に広まる

のではという計算もあるでしょう。トリチウムが海に流れた際に人間

や海洋生物にどのような影響があるのかを根気よく説明する必要が出

てきます。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治, 関西政治