PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

小室圭氏の国際弁護士取得の意味は。女性宮家で小室氏に年4575万円が。

   

Pocket
LINEで送る

小室圭氏が弁護士を目指しているわけではないとは言っていないという

何とも驚きの話が出て来たのですが、では何のための留学なのでしょう

か?

 

何のために国際弁護士の資格を得るのか?

小室圭氏の国際弁護士資格取得について、小室圭氏側の代理人による「

小室さんは弁護士資格の取得を目指していると言っていますが、弁護士

になるとは言っていません。」というある種の衝撃的な内容を公表した

のですが、弁護士にならないとした場合なぜ国際弁護士資格取得をしよ

うとしているのでしょうか?

広告

以前より国際弁護士資格では日本で弁護士活動ができないとされている

中で、アメリカでの生活を前提としているのではとの向きもあったので

すが、弁護士にならないとすると一体国際弁護士にどのような意味があ

るのかという疑問が出てきます。

 

これについて

「最近、弁護士が増えたことによって、いわゆる“食えない弁護士”

が増加していると報道されることがあり、『日本の弁護士資格』の

地位は以前よりも低下しています。そのため、弁護士資格を有して

企業内で法務を担当する『インハウスロイヤー』を選択する司法試

験合格者が増えているのです。弁護士というのは個人稼業であり、

足を使って自分で仕事を見つけなければならないわけですが、対し

て、インハウスロイヤーを置くような大企業に就職する道を選べば、

食いっぱぐれはないと感じるのでしょう」

以上。サイゾーウーマンソース、

 

インハウス・ローヤー(inhouse lawyer) とは企業内弁護士とも言い、

公私の団体(弁護士法人を除く)において職員・使用人となる人の事

を指すのですが、2018年度の日本ではヤフーが28人で1番多く、次い

で野村證券の23人、三井住友銀行が22人のインハウス・ローヤーが存

在しており。小室圭氏は将来的な流れによってこのような大手企業の

インハウス・ローヤーの道があるやもしれません。

 

もちろん今のままでは日本での活動は無理で、外国の弁護士資格を取

得した上で日本国内の法律に関する業務をするには、法務大臣の承認

が必要で3年以上の実務経験が条件となります。

広告

女性宮家で年4575万円が。

後継問題に関して女性宮家創設の流れから、女性天皇や女系天皇の関

する議論が今後出てくるかもしれない中で、1つの問題点を指摘して

います。

 

皇室ジャーナリストの山下晋司氏は「女性、女系容認ということ

になれば」と前置きしつつ、その状況下で、お2人が結婚した場

合、小室氏は「圭殿下」「圭さま」の称号を手にした上で、合わ

せて年間4575万円の皇族費が国から支給されることを明かした。

以上。東スポソース。

 

つまり小室圭氏に年4575万円がはいってくるという話なのですが、

これに関しては今のところは男系維持で今後議論される流れとは言え、

男系維持による皇室維持の可能性が難しいとなった場合は女性天皇や

女系天皇の話になるでしょうから、当然年4575万円の話も現実味が出

てくるのですが、仮にそのような話となった場合は当然お金の出どこ

ろは税金ですから、日本国民への説明が必要となります。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能