PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

イッテQの祭りヤラセ捏造疑惑で内村光良が降板も?ラオス政府も調査へ。

      2018/11/11

Pocket
LINEで送る

日本テレビの「イッテQ!」のヤラセ疑惑ですが、案外この問題は長

期化する可能性も出てきました。日本テレビの思惑とは別に問題が大

きくなりつつあります。

 

内村光良降板の話も。

「世界の果てまでイッテQ!」のヤラセ疑惑を週刊文春が報じている

件で、テレビ局や芸能人らがいろいろと見解を持っているようなので

すが、舞台先で遠征した宮川大輔はこの件に落胆しているとしていま

す。

広告

「僕、ホンマに分からないですよ」と回答した宮川大輔は週刊文春の

記者に「しっかり調べてください」と話したとしているので、自身が

ラオスで行ったことまでヤラセだと思われてしまうというのは、絶対

に避けたいところなのでしょう。

 

それとは別にこの件で怒り心頭なのが内村光良だとしています。

「今後の状況次第では自ら降板することもあり得る。内村は昨年、

NHK紅白歌合戦の司会も務め、国民的タレントと言っても過言

ではない。視聴者からの見え方を非常に気にするタレントですか

らね」

以上。東スポソース。

 

としており、あと妻がテレビ朝日の報道ステーションのMCをしている

事もあり、テレビ朝日との関係も微妙なものになる可能性は十分に考

えられます。過去にはテレビ朝日の「素敵にドキュメント」に出演し

ていた逸見政孝氏がヤラセに激怒し即座に番組を降板した事がありま

す。ただドキュメンタリー番組とバラエティとでは同列には考えられ

ない面もあります。

 

今のところは状況を見守っている所でしょうが、将来的な懸念としてB

POへの審議入りや過去の企画でもヤラセがあったのではという疑いを

持たれてしまう事は日本テレビとしては高視聴率番組だけに絶対に避け

たいところですが・・・。

広告

ラオス政府が調査に入ると・・・。

今回のヤラセ問題に関してとうとう国そのものが動き出す事態となるか

もしれません。ラオス政府が今後の対応について協議をするとしている

のです。

 

ラオス情報文化観光省の関係者の話として

撮影の認可作業に関わったこの人物は、「『祭り』を紹介する企画

だと、事前に知っていたら許可は出さなかった。なぜなら、このイ

ベントは、本当の祭りではないからだ」と話している。また、「日

本人は、誠実な人たちだと思っていた。今後は、もっと申請を精査

する必要がある」と述べ、政府内で対応を協議していることを明ら

かにした。

以上。FNNソース。

 

として政府単位で協議するとしたのです。ヤラセの疑惑が一国の問題

として扱うとしており話がどんどん大きくなってしまっています。日

本国内でのヤラセなら当然国内でしか話題になりませんが、今回は海

外ロケなので、ラオス政府も放置できなかったという所でしょうか?

 

このフジテレビの報道に関してはFNNのニュース以外にもグッディ!

がかなり長時間に渡り取り上げていたのですが、このようなやり方に

日本テレビ関係者は納得がいかないようです。かつてフジテレビでヤ

ラセが発覚し番組が終了した『ほこ×たて』を例に

「『ほこ×たて』のときだって、他局は通り一遍の事実報道くらい

しかしませんでしたよ。40分もの大特集なんて組まなかった。力を

入れる部分が間違っているとしか思えない」(日テレ関係者)

以上。NEWポストセブンソース。

 

と不満を述べているとしています。どうも紳士協定があるようで、キー

局は非難合戦により互いが損ををしないように、よほどの事件以外は、

他局のスキャンダルを大きく報じないのだそうです。

 

日本テレビの見解として番組側でのイベントやセットを設置しておら

ず、さらには賞金もないとしているのですが、コーディネーション会

社の代表は、今回のイベントの提案の他セットを組み参加者に賞金も

支払ったとしており主張が対立してしまっています。

 

この問題、日本テレビ側は少なくとも今のままでは説明不足でしょう。

外国の政府が動くことになった以上は日本とラオス両国にわかりやすい

説明をしないと、番組打ち切りでは済まない問題となりかねません。

 

日本政府としてもラオス政府が調査に乗り出すとしたからには、国際問

題として認識するでしょうから総務省から何らかの働きがけがある事も

予想されます。

 

仮にBPO入りとなった場合、イッテQの他の企画にもヤラセの可能性を

指摘されるのでしょうが、BPOはイッテQの問題で日本テレビに報告書

の提出を求めるとしており、12月のの委員会で対応を検討するそうです

が、この問題は後を引く事がかなり確実となったようです。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能