PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

いきなり!ステーキが44店舗閉鎖も246億円の負債は返済可能?

   

Pocket
LINEで送る

いきなり!ステーキが店舗閉鎖する事となったのですが、それだけでは

事が収まらない状態にあるようです。

 

44店舗の閉店を予定しているという。

いきなり!ステーキを運営するペッパーフードサービスは、店舗を閉

鎖すると発表しています。先月11月には急すぎた店舗拡大により自

社競合が起きてしまったとしており、、約500店あるいきなり!ステ

ーキのうち44店を閉店するとしていました。2019年には新規店舗2

10店を展開する予定でしたが、115店への縮小も余儀なくされたと

しています。

広告

12月下旬に入って、対象店の公式サイトで続々と伝えられた。12

月23日現在までに、全国26店舗が年末年始に店じまいすると発表

されている。19年4月にオープンしたばかりの「浜松三島店」や、

満を持して投入した牡蠣を売りにする「虎ノ門店」「銀座六丁目

店」も対象だ。

以上。j-castニュースソース。

 

というもので、いきなり!ステーキといえば社長自らが直筆で店舗へ

の来店を要請するなどある意味なりふり構わない?やり方が話題と

なったりはしたものの、結局は一部閉店は免れませんでした。

 

今後のこのような傾向が続くのかはわかりませんが、ペッパーフー

ドサービス事態の財政も悪化しているといわれ、店舗閉鎖のみなら

ず来店環境も改善する必要性があるようですが・・・。

広告

自己資本が12億円にまでげ減少していた。

ペッパーフードサービスは、2019年12月期通期の連結業績予想の修

正の中で、売上高が当初より98億円少ない665億円で、営業損益は

当初は20億円の黒字を見込んでいたものの、修正版では7億3100万

円の赤字に、最終損益が15億円の黒字から25億円の赤字に下方修正

しています。

 

2018年12月期の営業キャッシュフロー(本業による収入と支出の差

額)が64億円のプラスでしたが、2019年1~6月期に入り2億4700万

円のマイナスとなるというある意味劇的な不振に陥ってしまったと言

えます。

 

長期借入金・・・借金も急激に増加しており、2018年9月は43億円

で2019年6月は59億円、そして2019年9月は92億円に膨らんでおり、

これにより負債総額は246億円にもなっているとしています。

 

自己資本比率は、2019年9月末で4.8%となっていて、6月末が15.6%

だったので10%の下落、そして自己資本は19年9月末12億円という状

況となっています。

 

こうなると店舗閉鎖だけでどうにかなるのかという深刻さを感じるの

ですが、何らかの秘策がペッパーフードサービスにはあるのでしょう

か?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 便利