PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

原田隆司豊田市議が告訴される。Facebookにガラケー女デマ拡散で。

   

Pocket
LINEで送る

拡散希望の誤った内容をFACEBOOKで広めたとして、豊田市議会議員

が告訴されています。

 

原田隆司市議が告訴される。

愛知県豊田市の原田隆司市議が告訴されたとしています。告訴された

理由は、茨城県の常磐自動車道で2019年8月に会社員男性によるあお

り運転の事件に関して、加害者の男の車に同乗していた通称「ガラケ

ー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、東京

の会社経営の女性が慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こし

たというものです。

広告

提訴は10月21日付となっていて、原田隆司市議は

「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿

をシェアしてしまった。おとしめるつもりはなかった」と釈明。知

人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。女性

側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟につ

いては「弁護士を通じて対応する」としている。

以上。朝日新聞ソース。

 

訴状にはると、原田隆司市議は自身のフェイスブックに、事件とは無

関係の女性と男の写真を容疑者に対して「早く逮捕されるよう拡散お

願いします」などと書き込んだというものです、「公的な立場で積極

的な拡散を試みた行為は悪質」という訴えの内容となっています。

 

原田隆司市議のフェイスブックには

「豊田市議会議員原田たかしでございます。(お詫び)あおり運転で

逮捕された宮崎文夫容疑者、ガラケー喜本奈津子さんと間違われた(

別名の女性の名前)さんは全く無関係です。間違った情報をシェア拡

散した事お詫びします」と書かれているのですが・・・。

広告

原田隆司市議はどのうな人物か。

原田隆司市議は豊田市議会議員で、 豊田市出身の豊田市在住。日

本商工会議所青年部の平成19年度会長を務めています。

 

2015年の統一地方選挙で豊田市議会選挙に立候補し、定数45で52人

が立候補した中、3161票で45位当選しています。45位とぎりぎりの

当選でしたが、分析では地元外の商工会議所票なども得票があった可

能性があるという見方があります

 

豊田市議選の「豊田西部8自治区連合」というのがあり、自民クラブ

最古参で7期務めた光岡保之議員の後継者として原田隆司氏が公募で

決まったはずでしたが、統一候補を人選した直後に大崩壊し、北部・

浅井保孝候補派と南部・原田隆司候補派に分裂したとしています。

このような一件があり、当時原田隆司氏は無所属で立候補したもの

自民党系と認識されていたようです。

 

原田隆司氏は1期目に自民クラブの所属していて、当時高崎町にある

田市公設地方卸売市場」の運営について質問し、活気ある市場を目

すためには、一般市民が日常的に利用できるような規制緩和をするべき

提案していました。

 

2019年の統一地方選挙では豊田市議会選挙で定数45で50人が立候補

した中、3544票で36位当選しており、2期目は自民クラブではなく、

諸派という位置づけで活動しています。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治