PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

F2,アントワーヌ・ユベールが死去。コレアは意識があり。事故の状況は?

      2019/09/16

Pocket
LINEで送る

F2にてスパ・フランコルシャンで行われたレースで、ユベール、コレ

ア、アレジ、ラルフ・ボシュン、佐藤万璃音の5人による多重クラッシ

ュが起きユベールが犠牲となりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

アントワーヌ・ユベールが死去。

スカイスポーツがアントワーヌ・ユベールが死去したことを公表しま

した。ファン・マヌエル・コレアは意識があるという事ですが重度の

骨折をしているとBlitzは報じています。

広告

FIAの発表では午後17時07に事故が起こり、アントワーヌ・ユベー

ルが深刻な負傷のため午後6時35分に死亡したことを発表しました。

 

ファン・マヌエル・コレアは安定した状態であり、リエージュ病院

で治療中としていましたが、その後容態が悪化したと伝えられてお

り、急性呼吸不全によりは医療的な人工昏睡の状況下にあるとし、

ECMO(心肺補助装置)を装着し肺への負担を軽減した状態での治

療が続いていて厳しい状況だというのです。

 

ただイギリス・ロンドンの病院で懸命の治療を続けてはいるものの、

それでもファン・マヌエル・コレアの家族は、容態が「若干改善し

つつある」状態とも話しています。

 

もう一人の当事者であるジュリアーノ・アレジは医師により特に問

題はないとしています。

 

事故の過程。

2周目にジュリアーノ・アレジがラディオンへの進入時に左リヤタイヤ

の内圧を失い、コース左側に向かってスピンを喫して壁に激突します。

この時リヤウイングとシャシーのパーツが破損しコース上にその破片

飛び散りました。

 

アレジのマシンは後続車よりもはるかに遅いスピードでコース中央へ

と押し戻された後、破片が散乱をよけるためラルフ・ボシュンがマシ

ンを大幅に減速させコース右側へと寄せざるを得なかったが、この動

きに関して後続のアントワーヌ・ユベーはステアリングを右に切っ

たものの、ラルフ・ボシュンのマシンの右リヤにわずかに接触しました。

 

250kmで走行していたアントワーヌ・ユベーは、このわずかな接触

でコース外に押し出され、ラディオンの右側のタイヤバリアに激しく

激突したものの、この激突は死には至るほどの勢いではありませんで

した。

 

ところがタイヤバリアに弾かれたアントワーヌ・ユベーのマシンが

衝突の反動によりコースへと押し戻され、そこに後方から来たファン

・マヌエル・コレアがアントワーヌ・ユベーのマシン側面に激しく

激突します。

 

ファン・マヌエル・コレアのタイヤも、ラディオンコーナーの入口

に残っていたジュリアーノ・アレジのマシンの破片によってパンク

していたので、この時点ではすでにマシンを制御できません。

 

ファン・マヌエル・コレアはユベールのマシンが目の前に現れたとき、

フルブレーキングによって回避を試みたものの、その時点で速度は20

0km以上出ており、衝突までの距離はおよそ50mの程の距離しかなか

った事から回避は不可能で、アントワーヌ・ユベーのマシンのコッ

クピット左側面に激突し、アントワーヌ・ユベーのモノコックが真

っ二つに分断されるの大クラッシュとなりました。

 

衝突のあとファン・マヌエル・コレアとアントワーヌ・ユベーの2台

のマシンはタイヤバリアに突っ込みコースの中央まで弾き返されます。

ファン・マヌエル・コレアのマシンがひっくり返る一方、アントワーヌ

・ユベーのモノコックはドライバーの胴体が見えるほどの状態で破壊

されました。これら衝突の過程はわずか3秒以内に起きたのです。

 

スカイスポーツはこの事故を2001年のアレックス・ザナルディの恐ろ

しい事故と非常によく似ていると表現しています国際連盟は画像を

修正しないことを決定したという事です。

 

もう一人事故に巻き込まれた佐藤万璃音は自力でピットに戻ってい

ます。

広告

F1関係者のコメントがツイッターで公開されており、マックス・

フェルスタッペンは「アントワーヌ・ユベールの悲劇的な事故に

ショックを受けた。 私の思いは彼と彼の家族、友人、チーム、

して愛する人たち共にあります。」、エステバン・オコンは「

回の出来事を信じることができない。 この損失をどう言葉にして

いいかわかりません。 アントワーヌ、私の友人よ安らかに眠って

ください。」、ランド・ノリスは「安らかにアントワーヌ。」、

ルイス・ハミルトンは「壊滅的なニュース。 神があなたの魂を祝

します。 私の考えと祈りはあなたとあなたの家族と共にありま

す。」と手を合わせたアイコンを使っており、それぞれが心境を

語っています。

 

アントワーヌ・ユベールは1996年9月22日フランスリオン生まれ。

2013年にフランスF4でチャンピオンとなり、2019年よりF2に参

戦し、ポールトゥウィンで2勝を挙げていました。獲得ポイントは

77で8位につけていました。

 

ファン・マヌエル・コレアは1999年8月9日生まれのエクアドル・キ

ト出身のアメリカ人。2019年よりF2に参戦し2位スタートからの2位

表彰台を2回獲得しています。36ポイントを獲得12位につけていまし

た。

 

佐藤万璃音は1999年5月12日生まれ。2019年はユーロフォーミュラ

オープンに参戦し12戦で262ポイントを獲得し2位に108ポイントの

大差をつけてランキング1位で8勝を挙げており今回のF2はレース初

参戦でした。

広告

Pocket
LINEで送る

 - F1