PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ユアタイム視聴率低迷に市川紗椰に変えて滝川クリステル?モーリーも不評?

      2016/11/13

Pocket

ユアタイムのメインキャスターを務める市川紗椰が、アメリカ大統領選

での現地リポーターに挑戦したのですが、うまくいかなかったようで、

まわりからは同情の声が聞かれています。

 

アメリカ大統領選で大苦戦の市川紗椰。

フジテレビの報道特番「速報!アメリカ大統領選」でおそらく英語がで

きるという意味合いもあり送り出された市川紗椰ですが、東京のスタジ

オとのやりとりにかなり苦戦していました。

広告

市川紗椰のキャラの特性上大統領選でのアメリカ行きは必然的ともいえ

るのですが、

「通常の放送とは異なる特番で、時差の関係もあり、日本のスタジオ

とのやりとりが非常に難しい。しかも、トランプ陣営とクリントン陣

営からの“2元中継”というベテランでも苦労するリポートでした。4

月から本格的にキャスターを始めたばかりの市川さんに、完璧な中継

を求めるのは酷かもしれません」

以上。日刊ゲンダイソース。

 

とフジテレビのミスキャストを指摘する声がありますが、そもそも市川

紗椰がキャスターをしている「ユアタイム~あなたの時間~」も現地点

では視聴率において2~3%台と低迷している中での現地リポートはさ

ぞ大変だったでしょう。

「現地からの中継では、ショーンKの“代打”のモーリー・ロバートソ

ン氏がハイテンションでまくし立てていましたが、中身が全く入って

こなかった。日本のスタジオでは、外交評論家の岡本行夫氏がどっし

りと座り、エラソーに上から目線で語っているだけ。こんな番組の低

視聴率の“責任”を、市川さんにかぶせるのはかわいそうすぎます」(

フジテレビ関係者)

以上。日刊ゲンダイソース。

 

としていまだにショーンK降板のイメージから脱却できない「ユアタイム

~あなたの時間~」に解決の糸口はあるのでしょうか?

広告

後番組の可能性が語り始め出した、ユアタイム。

そんな中、ユアタイムに番組打ち切りの可能性もしくは後任の話が出てき

ています。ショーンK降板が決まり原稿を読むことになったために、急き

ょアナウンスレッスンを受けたという市川紗椰だけにユアタイムの視聴率

低迷を押し付けるのは気の毒だとする指摘はもっともなところなのですが、

しかしながらいつまでも番組を続けるわけにもいかないようで・・・。

「もはや、打つ手なし。早くも来年4月の改編でのリニューアルが検討

され始めている。市川のギャラは30万円ほどで格安だが、素人にそこ

までギャラを払うのはどうか、と問題になっている。後任に浮上して

いるのは、このところ、マイペースで仕事をこなしている滝川クリス

テル。かつて、夜のニュース番組でお茶の間の男性視聴者の視線をク

ギ付けにしていただけに、局内では“滝クリ待望論”が巻き起こっている」

以上。リアルライブソース。

 

滝川クリステル氏だけで解決するような問題ではない気もしますが、この

ままでは挽回は難しいのもたしかで、やはり改編するしかないのかもしれ

ません。野島卓アナウンサーとのエピソード公開も起爆剤にはならかったようで・・・。

広告

 - 芸能 , , ,