PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

吉澤ひとみの飲酒運転事故のドライブレコーダー映像に200万円?

   

Pocket

吉澤ひとみの飲酒運転の問題がいまだに話題となる中で、ドライブレ

コーダーの存在そのものに疑問を持つ考えがあるようです。果たして

フライデーに売ったという行為に正当性はあるのでしょうか?

 

ドライブレコーダーの価値。

吉澤ひとみの事故映像に関していろいろと注目を集めています。吉澤ひ

とみの事故はもちろん、被害者の事故直後の動き、そして何事もなかっ

たかのように横断歩道を渡る人・・・、いろいろと注目されてはいるの

ですが、さらにはドライブレコーダーの映像そのものも注目されだして

います。

広告

この映像により吉澤ひとみの事故当時の供述に矛盾点がある事が発覚し

たのですが、ドライブレコーダーの映像そのものの入手先にも興味が持

たれています。このドライブレコーダーの映像の主ですが、大手コンビ

ニチェーンなどに商品を搬送する業者のドライバーだとしています。そ

してこの映像は勤務時間中に録られたにも関わらず、会社に無断で映像

を提供した疑惑が持たれています。

 

「一説には200万円以上。業者側がふっかけたといいます。フライデ

ー側も価格交渉したようですが、それでも高値買い取りさせられたの

は間違いありません」(中略)フライデー発売後、同誌編集部にはテ

レビ各局の情報番組から動画の使用許可を求める電話が殺到。フライ

デー側は「ひと番組につき15万円以上で貸し出したそうです。しかも

使用は当日限り。翌日使うとなった場合はさらにレンタル料が発生す

る仕組みです」

以上。トカナソース。

 

価格の真相はともかくスクープ映像ですから、これほどの価値があった

としてもおかしくはないのでしょう。ただ会社に無断で映像をフライデ

ーに売り込むという行為はあんまりよろしくはないかもしれません。売

り込みそのものに問題があるとまでは思えませんが、会社の所有物から

発生したものを会社に断りもなく売るというのはガバナンスに関わる問

題といえそうです。

広告

ここで思い出されるのがASKAの逮捕(不起訴)の際に使用された映像

です。逮捕直前にASKAが乗ったタクシーの車内映像がテレビで放送さ

れたことが問題となり、テレビ局に映像を提供したタクシー会社が謝

罪するという一幕がありました。

 

今回の吉澤ひとみの事故映像がASKAの件と同列に扱われる話なのかは

わかりませんが、報道記者からは「世の中金なのはいかがものか。」や

「局はライバル会社からネタを買うなんて恥ずかしくないのか」という

よくわからない批判が出ているようです。

 

そう考えるとあの映像が公開された事により得をしたのは、映像を提供

した人物のみという事になります。もっともその人物も今後の会社の出

方次第では思わぬペナルティが待っている可能性もあるのですが。

 

もはら吉澤ひとみとは関係のない所でいろいろと話が進んでしまってい

るようです。

広告

 - 事件, 芸能