PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山上隼樹元被告が保釈中逃亡し3年半。元妻に暴行・坊主頭に。

      2019/08/31

Pocket
LINEで送る

保釈中の人物が逃げている話がよくニュースになるのですが、この人

物も長い事逃走しています。

 

保釈中に逃走し3年半。

元会社経営者の山上隼樹元被告は、2014年奈良県御所市で経営して

いた会社の従業員に、暴行を加え全治3か月の重傷を負わたのですが、

当時山上隼樹元被告は、元妻に暴行を加えた罪の執行猶予期間中で、

この罪による判決は懲役1年4ヵ月の実刑判決でした。その後保釈さ

れたものの、2016年に最高裁で刑が確定したにも関わらず、検察の

出頭要請には応じず、以降3年半以上に渡り逃亡しているのです。

広告

この元妻の事件に関してですが、

 

妻の体をはさみで切りつけたなどとして、大阪府警西成署は9日、

奈良県御所市の露天商 山上隼樹容疑者(28)を傷害容疑で逮捕

した。 発表では、山上容疑者は今月2日夜から3日朝にかけ、自

宅で20歳代の妻の両手に手錠を かけてベルトで首を絞めたほか、

髪や腕をはさみで切りつけたり顔を殴ったりし、 1週間のけがを

負わせた疑い。 妻が同4日、大阪市西成区に住む親に連れられて

同署に相談。その際、妻は坊主頭にカツラを かぶり、歯は数本折

れていたという。山上容疑者は容疑を認めているという。

以上。読売新聞ソース。

 

となっています。それにしてもなぜ3年半もたった今になりこの元被告

の事がニュースになるのかが謎なのですが、この元被告という表現は

収監されていないので被告ではなく元被告と表現せざるを得ないため

です。

広告

山上隼樹元被告と妻との関係性。

山上隼樹元被告と妻は2010年9月に出会い、お互いに露天商をしてい

た縁から意気投合、8カ月後の2011年5月に結婚しています。すでに

妻は妊娠していたものの、結婚後1カ月ほどで山上隼樹元被告はささ

いなことで妊娠中の妻に暴力を加えるようになったとしています。

山上隼樹元被告

 

2012年2月に長男が誕生した事で、山上隼樹元被告は一時期落ち着い

ていたものの、また暴力を振るうようになったというのです。

 

山上隼樹元被告は妻に手錠をかけ、たばこの火を背中や足に押しつけ、

妻の首にベルトを巻き付けて絞め、ハサミを持ち出して髪を根元から

ばっさりと切り落としたというのです。

 

当時警察の見解として「暴力を振るってもいい理由なんてないが、山上

被告が暴行する理由は整合性がない因縁のようなもの。暴行したいがた

めに無理矢理に言いがかりをつけているとしか思えない」と話していま

した。

 

結局3年半も逃げているということなのですが、懲役と逃げている期

間を考えると逃げている方が人生効率が悪いように思えます。真面目

に服役していたら今頃はこのようなニュースにならない上に、新たな

人生が送れたはずなのに、逃げていることで常に人目を気にしながら

生きていかなければいけなくなってしまった状況を作り出してしまっ

た元被告は哀れとしかいいようがありません。

 

そもそも根本的な指摘として、この人は果たして「生きているのか」

という疑問があるのですが。

 

あと同一人物かどうかはわかりませんが、山上隼樹元被告と同一の

名前の人物が産業廃棄物収集運搬業の許可取消処分になっていて、

処分理由として「株式会社リサイクル事業団の元役員は、平成16年

10月12日に東京地方裁判所において破産宣告を受け、未だ復権を

得ていない。これにより、株式会社リサイクル事業団は、法第14条

の3の2第1項第4号に規定する第14条第5項第2号ニに該当する

こととなる。」とあり、処分日は2014年4月3日とあります。

 

処分した都道府県は奈良県となっており、山上隼樹元被告と縁がある

場所です。それと大阪市の営業許可欄にも元被告の名前があり、「業

種:飲食店営業、営業所所在地:市内一円、施設名称:山上商会、営

業者名山上 隼樹、許可満了日:平成30年12月27日」と記載されてい

ます。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 事件