PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山崎夕貴アナがとくダネ!MCに。三浦雄一郎氏への放送事故に特殊な見方。

   

Pocket

いろいろと問題を起こしているような感じの「とくダネ!」ですが、フジ

テレビは山崎夕貴アナウンサーを起用する当たりまだ番組を見捨てていな

いようです。

 

山崎夕貴アナウンサーがとくダネ!MCに。

伊藤利尋アナウンサーがとくダネ!MCに決まりましたが、さらに山崎夕

貴アナウンサーもMCに加わる事となりました。

広告

メンバーだけでみるなら大幅なリニューアルとも取れそうな今回の人事で

すが

<小倉智昭 コメント>

「20年目に入る『とくダネ!』。伊藤&山﨑の両アナウンサーは、私の

暴走を抑える強力な布陣です。今までとは異なる番組内容と顔ぶれで、

朝の情報番組は変わります。ご期待ください」

<山﨑夕貴アナ コメント>

「歴史ある番組に携わることに身の引き締まる思いですが、自分らしさ

を忘れず、先輩方の胸をお借りして等身大でぶつかっていきたいと思い

ます。これからよろしくお願いします!」

以上。TVLIFEソース。

 

これまでとくダネ!は何度も打ち切りの可能性が噂されており、今回フジテ

レビでは長寿番組を次々と終わらせている中でとくダネ!も打ち切りの対象

となっていたようですが、アナウンサーの一新で打ち切りはとりあえずは逃

れる事ができたようですが、しかしながら今後も視聴率が上向かないようで

あれば再び打ち切りの可能性が出てくる事は間違いありません。

広告

テレビ界での常識と視聴者の常識にズレが?

とくダネ!と言えば三浦雄一郎氏を「故」とつけて紹介したり、BPOで2つ

の刑事事件の特集に関して「放送倫理違反があった」との見解を示されるな

どいろいろとミスが多い番組でもあるのですが、今回問題となった三浦雄一

郎氏を「故」とつけて紹介した事に関しては、どうもテレビと視聴者との間

で常識としての認識にズレがあるようなのです。

 

ご存命の人物を「故」とつけて紹介するのと反対とでは、一見生きている

方を「故」と付ける方が失礼という見方が多い(どちらもダメですが)の

ですが、テレビ界では必ずしもそうではないようで

視聴者からすれば、このような初歩的なミスがなぜ起きたのか不思議で

しょうがない。だが、人手不足かつ分業化が進むテレビ業界では「時折

ある」という声もあり、「元気な人を故人扱いして放送してしまった場

合、当事者や関係者らは笑い飛ばしてくれる。逆に故人を存命扱いした

場合の方が厄介で、遺族からクレームが入るケースが多い」

以上。日刊ゲンダイソース。

 

今回の三浦雄一郎氏のケースはご本人が笑い飛ばされたのかどうかはわか

りませんが、どうも反対の扱いをした方がテレビ的にはダメなようなので

す。それ以前の問題として裏付けやチェックが必要なのは言うまでもない

のですが、このままではいくらMCを変えたところでまた打ち切り話が出

てくるとも限りません。

広告

 - 芸能 , ,