PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

山尾志桜里氏が出馬!選挙区愛知7区と事務所の現状。秘書もおらず。

      2017/09/29


民進党は山尾志桜里氏を失ったことにより、選挙区である愛知7区の

選挙区調整としないといけないのですが、民進党愛知県連の大塚耕

平代表は「現時点では全くの白紙」として今後が見通せない状況で

す。

 

愛知は民進党王国だった?

愛知県は民進王国(民主王国)とも言われており、民進党が強い地域と

されています。2014年に行われた第47回衆議院選挙では愛知県全15選

挙区の内7人が民進党の議員(12区の重徳和彦は維新の党からの移籍)が

いて当時は民主党でしたが、風当たりの強かった選挙においても愛知県

においてはかなりの強みを発揮しています。

広告

山尾志桜里氏の選挙区は愛知7区(瀬戸市・大府市・尾張旭市・豊明市・

日進市・長久手市・愛知郡東郷町)で、2009年に民主党が政権を取った

際の第45回衆議院選挙で初当選し、2012年は落選、2014年は当選とい

う結果なのですが、山尾志桜里氏は知名度があるので一見選挙には強そ

うなイメージがあるものの、2014年の選挙では当選したとはいえ次点と

は5323票差とそれほど選挙に強いというわけではありません。

 

ただ山尾志桜里氏が知名度を得るきっかけとなったブログの件での追及

は2016年なので、もし民進党幹事長のポストで次期衆議院選挙を戦え

ばかなりの票差をつけて当選していた可能性が高いです。もうたられば

の話なのですが・・・。

広告

民進党は愛知7区をどうするのか?

では民進党は愛知7区をどのように扱うつもりなのでしょうか?

 

山尾志桜里氏の事務所は尾張旭市にあるようですが、

尾張旭市の事務所に出入りする関係者の姿は見られませんでしたが、

離党を知って駆けつけた支援者がいました。

 「山尾さんしかいないと思っている。安倍さんの天敵。早くみん

なの前に出てきて、パワーアップしたしおりが戻ってきたと言って

欲しい」

(支援者)

かつて「民主王国」とも言われた愛知への大打撃。

地元にとっては次の総選挙をどう戦うか大きな問題です。

「愛知は15選挙区全部に現職や候補者がいたので、県連としては

大きな痛手。今度は早急に検討しないといけないが、現状は白紙」

(民進党愛知県連代表・大塚耕平参院議員)

以上。CBCテレビソース。

 

と本人も秘書もいない様子です。

 

1つ考えられるのが、山尾志桜里氏が無所属で愛知7区で戦うという選

択です。無所属で当選する事ができれば支持を得て当選したわけです

から、そこから民進党復帰という道が考えられます。しかし現状はそ

う甘くはないでしょう。

 

2つ目に考えられるのは民進党が新たな候補者を愛知7区に擁立するとい

う方法です。果たして候補者は見つかるのでしょうか?すぐに候補者を

決定する事はないでしょうが、仮に急に政府が衆議院解散に打って出た

場合、候補者を用意できるだけの力が今の民進党にあるとは思えません。

民進党は離党者には刺客を差し出すとしているものの、山尾志桜里氏に

関しては、目指すべき社会像が一致しているとの理由で、刺客を送り出

す事はしないとしています。もしかしたら将来的な民進党復帰の可能性

を残したのかもしれません。

 

 

そして山尾志桜里氏は選挙に出馬する意向です。「出ない理由がない」

「議員として政策を実現したい」としていてやる気満々のようですが、

別に問題はないでしょう。選挙に出る権利は被選挙権さえクリアして

いていれば誰でも出馬できますし、仮に当選となれば有権者の支持を

得られたという事なので、誰も政治活動をする事に関しては文句は言

えないでしょう。

 

しかし無所属で出る以上はトップ当選以外ないわけで、比例復活も望

めませんのでかなり厳しい状況と言わざるを得ません。

広告

 - 政治 , ,