PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山本左近氏が参議院選挙出馬へ。現在は介護関連に従事

   

Pocket

2019年の参議院議員選挙で元F1ドライバーの山本左近氏を自民党が擁

立する事となりました。山本左近氏の立候補への決意とは?

 

元F1ドライバーを擁立へ。

元F1ドライバーとして活躍した山本左近氏が2019年の参議院議員選挙

に出馬する事となりました。比例区の目玉候補として注目されており、

F1ファンの票を取り込みたいという思惑との話もあるのですが、その

ような理由で票は取れるのでしょうか?さらには自動車関連業者や、医

療・福祉関連での票の掘り起こしも視野に入れているというのですが。

広告

山本左近氏は立候補の理由として

「きっかけは6年前に日本に戻ってきて医療、福祉介護の仕事を始

めたからです。人生100年時代と言われる超高齢社会。その中で、

誰もが何歳なっても幸せでその土地にその暮らしを続けることが

できる、『地域包括ケアシステム』という政策を実現したいとい

う思いがあったので政治を志しました」

以上。FNNソース。

 

として立候補への決意を語っています。おそらくは他にも元F1ドラ

イバーが政界進出を勧められた事はあったのかもしれませんが、正

式出馬は山本左近氏が初めてとなります。

 

政策面を聴くと憲法改正について憲法を変えない理由を不思議思うと

しており、日本も変わり世界も日々変わる中で、変わらないものが存

在しえるものなのかと問う時代に入っていると話しています。

 

さらに自身の生活の1部となっている介護についてフィリピン、イン

ドネシア、ベトナムからの外国人の人材を受けて入れているとして、

日本の人口減少のギャップを埋めるためには外国人の力が必要だと

話しています。

広告

山本左近氏のF1での実績は

山本左近氏1982年7月9日生まれの愛知県豊橋市出身。モータースポー

ツとしては1999年からカートでのキャリアが始まりで、2001年にはマ

カオGPに参戦していますが決勝レースは参加していません。

 

2005年から2010年にかけてF1で活動しており、通算成績は出走21回

で予選最高位が19位(2回)、決勝最高位が12位となっています。200

5年はジョーダンGPでフリー走行1回目に参加して24台中20番目のタイ

ムでした。

 

その後は2006年にスーパーアグリから7戦、2007年にスパイカー(現・

フォースインディア)から7戦、2010年にHRTから7戦参戦しています。

その間に走った距離は4465kmでラップ数は820周です。

 

2014~2015年シーズンのフォーミュラEにも参戦しており、10戦と

11戦のロンドンを走りましたが2戦ともリタイヤしております。

広告

 - F1, 政治