PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山田らの集団(場所は金沢)が提訴。昔はケロヨンクラブなる異様な組織も存在。

   

Pocket

山田らの集団が国を相手に提訴を起こしています。麻原彰晃元死刑囚の

刑が執行されても、一向にオウムの問題が解決される事はないようです。

 

山田らの集団が提訴。

元オウムでアレフからの分派組織とされる「山田らの集団」が国を相手

取り、観察処分の取り消しを求める訴えを起こしています。これまで石

川県を拠点とする山田らの集団に対し、公安審査委員会は2018年1月

に団体規制法に基づき観察処分の決定をしている事から、これまで立ち

入り検査を行っているもので山田らの集団はこの処分の取り消しを求め

ているものです。

広告

訴状によりますと、「山田らの集団」は、「今もオウム真理教の教

義を信仰しているが、無差別テロなどの犯罪を肯定したことは一切

ない」などと主張しています。

以上。毎日放送ソース。

 

10月16日に東京地裁で開かれた第1回口頭弁論が開かれており、国側

は全面的に争う姿勢を示しています。山田らの集団という名称はあく

までもは公安調査庁がつけた便宜上の呼称であり、特に何らかの団体

名を名乗っているわけではありません。

 

山田らの集団は訴状にあるような主張をしているものの、2018年3月

には麻原生誕祭なるものがおこなわれ「そそそそそそそ尊師」などと

信者らが大声でオウムソングを歌っている事が確認されていて、一連

のオウム犯罪の関する山田らの集団の見解が示された事はありません。

広告

昔は「ケロヨンクラブ」なるものも存在していた。

今オウム関連の組織と言えば「アレフ」「ひかりの輪」「山田らの集団」

が挙げられますが、かつては「ケロヨンクラブ」なる組織も存在してい

ました。

 

このケロヨンクラブなる組織ですが、代表者は北沢優子という人物で当

然オウムの信者であり、「麻原尊師の継承者」を自称していた事から他

のオウム信者からは浮いた存在となっていました。

 

1995年のオウム真理教強制捜査後にオウム真理教から分裂し、北沢優子

はケロヨンクラブの代表者となっておます。その後北沢優子は2005年9

月に部下に指示をしケロヨンクラブ所属の女性を竹刀で叩き死なせた罪

で、2014年に懲役8年とする実刑判決を受け服役中の身となっています

。容疑については修行だったと否認しています。

 

ケロヨンクラブの名前の意味は「原点に帰る」に掛けてカエルのマスコ

ットを持ち歩く事から来ているという説や、麻原彰晃の肖像の代用品と

してケロヨン人形を使用しているなどの説がありますが、本当のところ

はわかりません。

 

このケロヨンクラブの修行に関しては50度近い熱湯に20分近く入る「

温熱修行(温熱療法)」、坂を転がり続ける「コンコロリン」、生きた

ミミズを1000匹食べる「ミミズ供養」などの当時のオウムでも行って

いたかどうかわからない修行をしていました。

 

ただ北沢優子は体調不良の身だったようで、その後の近況はわからな

かったようですが、麻原彰晃元死刑囚の刑執行後に動きがあったよう

で、

「代表者である北沢優子被告は、判決が確定して以来、刑務所に収

監されています。しかし、公判中に末期がんと診断され、その後、

刑の執行が停止され都内の病院で治療を受けていました。しかし、

今年に入ってから突然、再び刑務所に収監されたのです。北沢優

子被告の病が良くなったとは考えづらいため、これは“オウム真理

教に関する死刑執行を示唆する動きだった”とも考えられているの

です」

以上。トカナソース。

 

事件から懲役8年という事を考えると近い時期に出所されるのでしょ

うが、体調が悪い中でケロヨンクラブ再活動でもするつもりなのでし

ょうか?

広告

 - 便利