PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山本一太氏が群馬県知事選挙2019年出馬へ意欲。事務所も調整か。

   

Pocket

山本一太議員が2019年の群馬県知事選挙出馬へ向けて少しずつ気持ち

が傾いているかもしれません。2019年は参議院議員選挙も控えている

なかどのような決断をするのでしょうか?

 

可能性は5分5分と・・・。

自民党の山本一太議員がかねてより検討している2018年に行われる群

馬県知事選挙への出馬に関して山本一太議員本人は5分5分だとする心

境を明らかにしています。

広告

自身のブログでは群馬県知事選挙への出馬の可能性は低いとしていた

のですが、

山本氏は自身への知事待望論を踏まえて「どちらになるか分から

ないが、知事は中途半端な気持ちではできない。自分が群馬県の

ために何ができ、ふるさとのリーダーにふさわしい人間なのか本

気で考える。どちらの結論になったとしても支持者は分かってく

れると思う」

以上。上毛新聞ソース。

 

と群馬県知事選挙への出馬に可能性を残すコメントをしています。今

後については大沢正明知事を含めた世論調査を参考にするとしており、

その結果を含めて判断するようですが、後援会からも待望論が出てい

るのであれば以前より群馬県知事にという声はあったのでしょう。群

馬県各地区の後援会長にも意見を聞いくとして、事務所側もは調整も

含め最終的に判断するととしています。

 

今のところは群馬県知事選への出馬に含みを残す程度の山本一太議員

議員ですが、一方では大沢正明知事擁立に向けた一部自民党県議の動

きに対して不信感をもっているともしており、コメント上は出馬に

控えめながらも出馬の意欲は案外高いのかもしれません。

広告

群馬県知事選挙と山本一太議員。

山本一太議員は1958年1月24日生まれの群馬県吾妻郡草津町出身。群

馬県における地方との関係でいえば。父方の祖父である山本泰太郎氏

が群馬県草津町長を務めた経験がある他、姉の夫は群馬県議会議員の

田島雄一氏、田島雄一氏の父・由雄氏も群馬県議を一期務めているな

ど親族が群馬県における県政に関わっています。

 

山本一太議員は1995年の第17回参議院議員通常選挙で群馬選挙区

から出馬し初当選。以降は4回の選挙ですべて当選しています。

 

群馬県知事は現在大沢正明知事が務めており、2007年7月22日に行

われた群馬県知事選挙で5人が立候補する中での初当選を果たしてい

ます。以降は2期目と3期目でいずれも得票率が60%を超え圧勝で当

選を果たしています。

 

大沢正明知事はこれまで4期目については出馬の意思表示を見せてい

ないものの、年齢が72歳という事から山本一太議員に後を譲る可能

性も考えられます。

 

一方で山本一太議員は2013年の参議院議員選挙に当選している事か

ら2019年は参議院議員選挙か群馬県知事選挙どちらかに出馬する事

になります。仮に群馬県知事選挙に出馬する事を選択すると、自民

党は2019年の参議院議員選挙で次の候補者を選ばなけらばならず、

ある程度早い時期での決断が待たれます。

広告

 - 政治