PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

山口達也の再入院に元嫁や家族が?アルコール関連障害やスリップも。

   

Pocket

山口達也があの記者会見後再入院したとの事ですが、この再入院には身

内が関わっているとされ、アルコールに手を出さないための環境作りと

見る向きがあります。

 

山口達也に指摘されるアルコールの問題。

これまで幾度となく言われて来た山口達也のアルコールに関わる問題に

ついて、アルコール依存症による治療が必要との見方もあり、今の所山

口達也本人は否定しているものの、今回再入院となった事からますます

アルコール依存症を指摘されてはいるのですが・・・。

広告

おおたわ史絵氏の見方では

「(肝機能などを示す)数値が高いがどうかということはアルコール

依存症と関係はない」とし、「アルコールを飲んだことによって人間

関係的なトラブルが起きたということだけで、アルコール性関連障害

という病名がひとつ付きます」

以上。デイリースポーツソース。

 

 

アルコール関連障害とは、多量のアルコールを長期間にわたり飲んでい

る人におきるアルコール離脱症候群、幻覚等の精神症状やけいれん発作

を現わすアルコール精神病、物忘れ等の記銘力障害がおきるアルコール

性コルサコフ症候群、認知症をおこすアルコール性認知症などが挙げら

れます。

 

アルコールは依存をおこしやすい物質とされていて、くり返し乱用して

繰り返し摂取する事でやめられなくなることをアルコール依存症といい

ます。

 

おおたわ史絵氏は治療が終わってすぐに飲酒欲求を抑えきれず、酩酊

するほどに飲んでしまうことに関して「アルコール依存症患者の典型

的な飲み方」と指摘してます。アルコール依存症は完治はせず一生ア

ルコール依存の体質と戦わなけばいけないという事です。

 

自身がアルコール依存症だと感じ診察が必要なタイミングとしては「

自分自身で飲酒をコントロールできなくなり、社会生活に支障をきた

した時」としています。

広告

スリップに苦しむ?山口達也。

アルコール依存症はいろいろな方面で問題となるのですが、本人にとっ

て苦しい一面として挙げられるのが「スリップ」なる状態です。

 

肝臓を理由に入院し、退院したその日に焼酎一升を飲んだとしています

が、これはアルコール依存症では再飲酒を意味する「スリップ」と呼ば

れるもので、先ほどのおおたわ史絵氏が指摘したアルコール依存症によ

くある典型的な飲み方に当てはまります。

 

アルコール依存症の治療法として

「アルコール依存が重度の場合は抗酒薬が用いられます。少量でもア

ルコールを口にすると、動悸や発汗が激しくなり苦しくなり、酒を飲

みたくなくなるようにする薬です。退院した当日に焼酎1本ほどを飲

んでいたといいますから、まだ薬は処方されていなかったのでしょう

。(以下略)

以上。リアルライブソース。

 

結局深刻な問題を引き起こしてしまった山口達也ですが、事件とアルコー

ル依存症は切り離して考えるべきとの意見もあり、酒が関連していたとし

てもそれを理由にしてしまうと結局「不祥事を酒を理由に逃げている」と

される一方、今回の不祥事を酒と完全に切り離せない一面もあり、このよ

うな複雑な側面は山口達也の将来的な復帰の支障となる事は間違いないの

でしょう。

広告

 - 事件, 芸能