PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

和久田麻由子がNHKから消えた?あと先輩アナの結婚に焦りも?

   

Pocket

北朝鮮がまたしてもミサイルを発射した事によりJアラートが鳴り響い

たのですが、その時にNHKでは異変が起きていました。

 

Jアラート発令後から姿を消したという和久田麻由子キャスター。

9月15日に北朝鮮のミサイル発射に伴うJアラートが鳴ったのですが、J

アラートが鳴った直後にNHK「おはよう日本」のキャスターを務めた

和久田麻由子キャスターが消えてしまったのです。

広告

他にも女性アナウンサーも記者も登場しなくなったしまったそうで、北朝

鮮関連の解説をする政治部や国際部のデスクも海外の特派員らの記者もみ

んな男性だけとなってしまいました。なぜこのような事になってしまった

のか・・・.

 

 

詳しい事情はよくわかりませんが、男性でないといけない事情があったの

でしょうか?この件を指摘している人は「男性偏重」「オトコ中心」とい

う見方をしているのですが、果たしてNHKは有事の放送の際はそのような

起用の仕方を意図的・無意識的に行っているのでしょうか?

 

とりあえずは何の根拠もない話なので可能性を語る以外はないのですが、少

なくとも民放ではそのような事はなく女性キャスターが常にいたようですが、

NHKの場合は男性に切り替わっていたのです。

 

ちなみに北朝鮮は8月29日にもミサイルを発射しておりその際に同じくJア

ラートが鳴ったのですが、その時も和久田麻由子キャスターはJアラートが

鳴った後に姿を消していたとしています。

 

民放ならこういう起用方法に必ずしも説明は必要ないのかもしれませんが、

公共放送である立場としてのNHKであるならば、視聴者の指摘に(このよ

うな指摘があったならば)説明の責任が発生するのではと考えるのですが。

 

和久田麻由子キャスターは1988年11月25日生まれの28歳で、神奈川県横

浜市・川崎市出身。2歳から5歳まで米国テキサス州ヒューストンで過ごし

た後日本に戻り、東京大学経済学部経済学科を卒業しています。2011年に

NHKに入局し、岡山放送局勤務となり、2014年に東京アナウンス室に異

動。現在はおはよう日本のメインキャスターを務めています。

広告

和久田麻由子キャスターの今後は?

おはよう日本のメインキャスター務めている和久田麻由子キャスターですが、

桑子真帆アナウンサーという強力なライバル?にやや焦りがあるとしていま

す。

 

井上あさひアナウンサーと和久田麻由子アナウンサーは

「一昨年に京都支局に異動した井上は念願叶って今春から東京に戻り、

『ニュース7』の土日を担当するようになりましたが、もともとは『ニ

ュースウオッチ9』を担当していました。

 和久田は『おはよう日本』でMCを務める朝の顔ですが、ゆくゆくは

夜のニュース番組を担当したいと希望しているようです。2人とも独身

だけに、今年5月に結婚して公私ともに充実する桑子アナには仕事で負

けたくないという気持ちが人一倍強いのでは」

以上。NEWポストセブンソース。

 

という事なのですが和久田麻由子アナウンサーはJアラート後の扱いをどの

ように受け止めているのでしょうか?

広告

 - 芸能 , ,