PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

若槻千夏が「ポストベッキー」に。現在の所対抗馬はなしか?ブログ再開も?

      2016/09/12

Pocket

ベッキーの後釜として、若槻千夏が本命として挙げられているよう

です。当然のことながら空いた「ベッキー枠」を各タレントが争っ

ている状況なのですが、これまでテレビの露出がほとんどなかった

若槻千夏が急遽ポストベッキーに名乗りを上げるかっこうに・・・。

 

若槻千夏がポストベッキーに?

若槻千夏は一時期テレビから消え、芸能界引退まで噂された事もあり

ました。2012年に一般人の男性と結婚しここ最近ではいくつかのテレ

ビにも出演するようになりましたが、ここに来てあのベッキーの後釜

とまで噂が出るようになったのです。

過去に若槻千夏はベッキーへの憧れがあった事を語っており、

バリバリ私がバラエティーやっている時に『誰みたいになりたいん

だ?』『ベッキーさんみたいになりたい』という目標が女性タレン

ト、誰しもあったわけですよ

以上。スポニチソース。

とベッキーに対する憧れを語っていたわけですが、現在ではあの騒動も

あり、なかなかその事を表立っては言えなくなっているのだとか。

ところが今回のその憧れのベッキーになれるかもしれないチャンスを若

槻千夏は得る可能性が出て来ました。

若槻千夏の現在の評価について、

「このタイミングでの本格復帰は、現場としても最高ですね。ブランク

があるとはいえ、島田紳助さんに鍛えられてきたトークスキルは、相当

ポテンシャルが高いですからね。間違いなく“ポストベッキー”の最右翼

ですよ」(バラエティスタッフ)

以上。日刊サイゾーソース。

としてスタッフからの期待も大きい若槻千夏ですが、ポストベッキーとい

う言葉からも、何人かのライバルはいるようなのですが、現在の所鈴木奈々、

菊池亜美、小島瑠璃子などの名前は上がっているようなのですが、本命とし

て若槻千夏を挙げていて、今後の彼女の露出がかなり期待できるかもしれませ

んし、もしかすると一時期名を残したブログも再開するかもしれません。

広告

そんな中ベッキーが川谷の奥さんに「謝罪」したいと?

週刊新潮はこの1か月の間に川谷の妻や、以前出演してた共演者などに謝

罪の手紙を書いているとして、その上で自宅から外へ出ていない事が報道

されていました。

真相はわかりませんが、自宅にいる事に関しては、以前自宅謹慎といいな

がらもオーストラリアで番組の収録の場にいた事が確認されていますので、

うのみにできない点もあります。

 

さらに週刊新潮の記事はベッキーが川谷にだまされたという流れの記事に

なっている事や、ベッキーの内情にかなり踏み込んでいる事から、週刊新

潮の記事はベッキーの事務所からの依頼で書いたのではと指摘されている

のです。

「それにしても、いくらライバル誌のスクープ記事へ対抗していると

はいえ、あまりにも内容がベッキー寄りすぎる。 ベッキーのマネージ

ャーが週刊文春の第一報を受けて、川谷を事情聴取したやりとりまで

掲載されている。

密室の出来事を知るのは限られた関係者のみのはずですから、おそらく

は事務所サイドがイメージ回復のための記事を依頼したのではないでし

ょうか」(夕刊紙記者)

以上。アサヒ芸能ソース。

として情報の出処をサン・ミュージックと考えている人もいるようです。

結局のところ、あの記者会見やLINEのやりとりの流出など、ある意味壊

滅的なイメージダウンとなってしまったベッキーですが、事務所としても

4億~5億ともいえる違約金を払うのは容易ではなく、今のベッキーでも

起用せざるを得ない苦しい状況が窺えます。

 

しかし、ベッキーはどんな顔で公の場に出てくるのでしょうか?

 - 芸能 , , ,