PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

共和党予備選挙・党員集会はトランプ氏とクルーズ氏が2勝ずつ。3/5

      2016/09/12

Pocket

3月5日に行われた共和党の4つの選挙はトランプ氏とクルーズ氏

が2勝ずつという結果に終わりました。

アメリカ大統領選までの日程はこちらとなっています。

アメリカ大統領の決め方はこちらとなっています。

 

 

共和党はトランプ氏・クルーズ氏がそれぞれ2勝ずつ

今回行なわれた共和党の複数の州での予備選挙・党員集会は

トランプ氏とクルーズ氏がそれぞれ2勝ずつという結果になり

比較的穏やかな終わり方となりました。

 

カンザス州

テッド・クルーズ氏 35207票 48.2%

ドナルド・トランプ氏 17062票 23.3%

マルコ・ルビオ氏  12189票 16.7%

ジョン・ケーシック氏 7795票 10.7%

 

ケンタッキー州

ドナルド・トランプ氏 82493票 35.9%

テッド・クルーズ氏 72503票 31.6%

マルコ・ルビオ氏  37579票 16.4%

ジョン・ケーシック氏 33134票 14.4%

 

ルイジアナ州

ドナルド・トランプ氏 124818票 41.4%

テッド・クルーズ氏 113949票 37.8%

 

メイン州

テッド・クルーズ氏 8550票 45.9%

ドナルド・トランプ氏 6070票 32.6%

ジョン・ケーシック氏 2270票 12.2%

 

すべて投票率100%、代議員獲得候補のみ表示。

広告

トランプ氏・クルーズ氏のコメントは?

今回の戦いが2勝ずつという結果に終わりましたが、見る人に

よってはトランプ氏の勢いが落ちたと考える人もいるかもしれ

ません。

 

トランプ氏は「このまま勝ち続ければ、素晴らしい大統領が

誕生する。そして、アメリカは再び偉大な国になる」

以上。FNNソース

そして自身の優勢をアピールしましたが、今回2勝にとどまった

要因ととしては、マケイン氏やロムニー氏という過去2回オバマ

大統領と大統領選を戦った2人が共にトランプ批判をした事が影

響したのではという見方があります。

 

しかもここに来て、共和党内からも分裂気味にトランプ批判が高

まりを見せつつあり、今後の展開によってはトランプ氏が苦境に

立たされる可能性もあります。

 

クルーズ氏は遊説先のアイダホ州で「カンザスに祝福あれ」と

勝利を宣言し、トランプ氏の指名獲得が有力視される現状につ

いて「首都ワシントンから恐怖の叫びが聞こえる」

以上、CNNソース。

 

としており、今回の勝利に関してなんらかの手ごたえを感じたのか

もしれません。ただし、反トランプの受け皿になるかどうかは不透

明で、保守強硬派とされているクルーズ氏への一本化に抵抗がある

共和党支持者もいて、このままのペースでいけば5月頃にトランプ氏

の共和党大統領候補が決まるとされていましたが、もうひと波乱あり

そうな気配です。

広告

 - アメリカ大統領選挙2016, 政治