PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

民主党大統領指名選はクリントン氏1勝・サンダース氏が2勝。3/5

      2016/03/09

Pocket

民主党の大統領指名選挙は、サンダース氏が2勝・クリントン氏が

1勝という結果に終わりました。

黒人の多いとされるルイジアナ州でクリントン氏の勝利となりまし

たが、カンザス州とネブラスカ州ではサンダースがものにし、両者

ともに譲らない戦いとなっています。

アメリカ大統領選までの日程はこちらとなっています。

アメリカ大統領の決め方はこちらとなっています。

広告

サンダース氏が2勝・クリントン氏が1勝。

今回3州で行われた民主党の選挙は、サンダース氏が勝ち越す結果

となりました共和党も含め、2番めの候補が奮闘する結果となった

3月5日の選挙でしたが、果たしてクリントン氏の勢いは落ちてしま

ったのでしょうか?

 

カンザス州

バーニー・サンダース氏 26450票 67.8%

ヒラリー・クリントン氏 12593票 32.3%

 

ルイジアナ州

ヒラリー・クリントン氏 221615票 71.1%

バーニー・サンダース氏   72240票 23.2%

 

ネブラスカ州

バーニー・サンダース氏 15874票 56.4%

ヒラリー・クリントン氏 12593票 43.6%

ネブラスカ州のみ開票率89%、他は100%

広告

クリントン氏が支持率でサンダース氏を圧倒しているが・・・。

3月8日にミシシッピー州とミシガン州で共和党共に予備選挙が行われる

のですが、Magellan Strategies調べではミシシッピー州での支持は、ク

リントン氏が65%、サンダースが11%で(3月2日現在)、ミシガン州で

はアメリカン・サーチ・グループ調べでクリントン氏が60%、サンダー

ス氏が36%(3月5日)となっており、クリントン氏が圧倒的に優位とい

えるのかもしれませんが、今回のサンダース氏の2勝によりもしかすると

番狂わせも出てくるのかもしれません。

 

もし、トランプ氏が候補者競争に負けるとクリントン氏には不利に?

ここ最近ではトランプ氏の勢いもあり、クリントン氏はトランプ氏を

意識するかのような発言が目立つのですが、ただもしトランプ氏が共

和党の候補者選びに負けた場合、クリントン氏は大統領選では苦戦を

強いられるかもしれません。

 

CNNの調べ(3月1日)ではクリントンvsトランプの場合支持率は

クリントン 52%

トランプ  44%

なのに対し、クリントンvsクルーズの場合支持率は

クルーズ  49%

クリントン 48%

となり、クリントンvsルビオの場合支持率は

ルビオ   50%

クリントン 47%

となってしまいかなりの僅差となり、場合によってはクリントン氏

が苦戦するという結果が出ています。

 

そしてサンダースvsトランプ・クルーズ・ルビオの3氏の場合支持率

はすべてサンダース氏が8%~17%近くリードしていて、サンダース氏

が民主党大統領候補となれば、サンダース氏の勝利が堅いとの結果がで

ました。

 

全米ではサンダース氏を求めているが、民主党内ではクリントン氏を

求めているという・・・軽いねじれ現象となっています。

広告

 - アメリカ大統領選挙2016, 政治