PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

上西小百合氏がまたツイッターで浦和を挑発。新たな秘書も注目。

   

Pocket
LINEで送る

上西小百合氏が浦和レッズに対するツイートで炎上状態を作り出したの

ですが、炎の勢いが少ないと感じたのか、新たな挑発ツイートをしてい

ます。

 

相変わらずの上西小百合氏。

今度は「くたばれレッズ」とツイートしています。この方も松居一代氏同

様に先が見通せない状況の人物なのですが、この方の場合は一体なにがし

たいのでしょうか?

広告

浦和レッズの件で炎上した際には「サッカーの話で炎上しても何の得もな

い」としていたのですが、結局はツイートしているのです・・・。

「サッカーの話題ばかりで不本意」と言いながら、前のめりになって口

を尖らせ、マイクをしっかと握る。国会質問に関して持論を展開しても、

マイクを持つ手は少しずつ下に下がり緩んでいくのに、ツイッターのコ

メントについて聞かれると、マイクを握り直して、一番上ギリギリのと

ころをしっかりと握りしめる。

 この仕草からわかる彼女の本音は、「とにかく注目されたかった」、

それに尽きる。政治の話は二の次だ。

以上。NEWポストセブンソース。

 

仕草だけを見るのであれば、もはや上西氏は政治には無関心で関心ごとと言

えば自身がいかに目立つかという事のみしか考えられないのですが、今のと

ころは国会議員なので一応の注目は集めてはいるものの、衆議院解散となれ

ばどこかの党にでも所属しない限り当選は絶望的で(党に所属しても当選は

厳しいのですが)、落選してしまえばタレントにでもならない限り、相手に

されない可能性が高いです。

 

しかもあの記者会見では上西氏本人よりも公設秘書の笹原雄一氏(53)の

方が注目され、「ある意味豊田議員みたいな感じ」と上西氏を評していまし

た・・・・。

広告

地元も大迷惑・・・。

上西氏の地元と言えば大阪7区ですが、この大阪7区の人たちにしてみればい

い迷惑かもしれません。吹田市と摂津市にある大阪7区では

「大阪7区は吹田市と摂津市で構成されており、その両市民に対して『お

前らが上西を選んだんだから責任を取れ!』との批判が寄せられているの

です。しかし上西議員は小選挙区では二回連続で自民党議員に敗れており、

いずれも重複立候補していた比例近畿ブロックで復活当選。そのため両市

民にしてみれば『我々は上西を落としてたんや!』という思いが強く、『

文句は日本維新の会や維新の党に言ってくれ』と迷惑がっているのです」

以上。アサヒ芸能ソース。

 

とまあ吹田市と摂津市にしてみれば変なとばっちりを受けてしまったわけです。

地元での活動はしているようで、考えようによっては次の選挙は同じ選挙区で

戦うのだろうかと推測されるのですが、当の上西氏は出馬する気満々で、「当

選確率の高い政党から出馬したい」としていて、最終的にどこかの政党に所属

したいかのようなコメントを残しているのですが、果たして本人にどこまで客

観性があるのかは不透明で、上西氏入党を決める政党は存在するのでしょうか?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 芸能 , ,