PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

福田淳一氏による疑惑の女性はテレビ朝日記者。過去朝日新聞がセクハラ隠蔽?

   

Pocket

福田淳一事務次官によるセクハラ疑惑について、女性の存在が不明瞭との

指摘がされていた中で今回該当する女性がテレビ朝日の記者だった事がわ

かりました。

 

セクハラ被害はテレビ朝日の記者だった。

福田淳一事務次官によるセクハラ疑惑ですが、セクハラ被害にあっていた

とされる人物がテレビ朝日の社員だった事がわかりました。

広告

テレビ朝日は18日、「報道ステーション」の中で、財務省の福田淳

一事務次官からセクハラ被害を受けていたのは、同社の女性記者だっ

たと明らかにした。  社内調査の過程で、福田氏の発言内容を確認

できたという。

以上。日刊スポーツソース。

 

この女性社員は1年半ほど前から福田氏と1対1で会食を持ったとしています。

女性社員はセクハラを受け上司に相談したものの「2次被害」を理由に報道

は難しいと答えたとしています。適切な対応が出来なかった事をテレビ朝日

は反省すると話しています。社内調査は月曜日に行ったとしています。

女性記者は今回の行為を不適切な行為だったと反省していると語っていると

しています。

 

女性記者は疑惑を否定している事について「とても残念」と話しています。

 

それにしても不思議なのはメディア関係者によるセクハラ被害をなぜ会社

ではなく週刊新潮に話さなければならなかったのかという点です。テレビ

朝日は記者会見で、福田事務次官による同社の社員を傷つける数々の行為

や対応について、財務省に正式に抗議する予定だというのですがなぜいま

さら・・・。

 

やはり当時のテレビ朝日の上司並びに会社の対応が原因なのでしょう。

実は過去にも元朝日新聞の女性記者・秋山千佳氏が新人時代に取材相手

によるセクハラ被害を告白していて、朝日新聞社の先輩に相談したもの

の「我慢しろ」と言われたと話しているのです。

 

可能性としてはそのような社風が今回のテレビ朝日の女性記者の週刊新

潮への告白に繋がった可能性は十分に考えられます。朝日新聞とテレビ

朝日と会社に違いはあれど社風に違いはなかったという事なのでしょう

か?

 

当然朝日新聞はセクハラ疑惑を厳しく追及しているのですが、自社の女性記

者には我慢を要求する・・・これが事実だとすると・・・まあ朝日新聞なの

であまり驚く事ではないのかもしれません。

広告

夕刊フジは朝日新聞に

(1)Xさんは就業していたのか(2)先輩社員の「これくらい我慢し

ろ」との発言は、セクハラ行為への口封じではないのか(3)セクハラ

被害の見過ごしは御社で常態化しているのか-などの質問状を朝日新聞

に送った。 朝日新聞広報部は、Xさんの9年間の在籍を認めたうえで、

「お問い合わせいただいた番組中のご発言については詳細を把握してお

らず、コメントいたしかねます」「なお、弊社は『セクシュアル・ハラ

スメントの防止に関する規定』を定めており、従業員から被害の申し出

に対しては、会社として適切に対処しております」と回答した。

以上。夕刊フジソース。

 

と朝日新聞は回答しています。9年間在籍でその女性記者の新人時代とい

う事はかなり前だとして、事態をおそらくは把握はできないのでしょう。

それそのものはまだ仕方がないにしても、質問後すぐにこのような回答

をしてくるというのは、少なくとも調査をしようという気がない事は明

らかで、かなり前の事なら回答には時間がかかるはずなのですが・・・。

 

このような対応では今回セクハラ被害があったとされるテレビ朝日女性記

者が、週刊新潮に話を持っていったとしても十分に理解できる話です。

広告

 - 事件, 政治 , ,