PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

辻元清美氏は希望の党入り拒否。小池百合子氏はリベラル排除を明言。

      2017/09/30

Pocket

民進党の希望党への合流について小池百合子都知事は明確にリベラルを排

除すると明言しました。この事により民進党のリベラルとされている人た

ちの今後が注目されます。

 

小池百合子都知事はリベラル排除を明言。

小池百合子都知事は民進党を離党した議員が希望の党の公認を受ける際に

リベラルは排除すると明言しました。これは前原誠司代表が語った民進党

の丸ごと合流を真っ向から否定するものです。

広告

希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、

「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)

排除されないということはない。排除する」と言い切った。

以上。産経新聞ソース。

 

として明確にリベラルを否定しました。この前原誠司氏とはある意味反対

の見解に民進党はどのような対応をするのでしょうか?前原誠司氏これま

で提案として

 

1、民進党の公認内定取り消し

2、立候補予定者は希望の党へ公認申請し、交渉や当面の党務は代表に一任する

3、民進党は総選挙に候補を擁立せずに、希望の党を全力で応援する

 

という提案をしていたのですが、その内2の部分がどうやら見解が違った

格好となってしまっています。、前原氏は「全員公認になるよう尽力す

る」と強調しているものの、それを鵜呑みにしている人はあまりいない

ようですが、

希望の党の細野豪志元環境相は「安保関連法の白紙撤回を言い続ける

人は厳しい」と発言。前原氏は「民進党が安保法制廃止と決めたのは

細野政調会長の時。細野さんとは合意できると思っている」とけん制

した。

以上。日刊スポーツソース。

 

といろいろとすれ違いや駆け引き等があり、今後も混乱が予想されます。

広告

辻元清美氏はどのような行動を取るのか?

ではリベラルとされる辻元清美氏はどのような行動を取るのでしょうか?

辻元清美氏は合流に賛成か反対かについて「私は執行部ですので発言はし

ていません」と厳しい口調で答えた上で希望の党に合流するかどうかにつ

いては答えなかったとしています。

陣営幹部によると、辻元氏は28日夜に大阪に戻り、29日も大阪府内

で関係者らと接触している。29日朝、民進党本部から衆院選の立候補

予定者に対し、10月1日までに離党届と希望の党への公認申請の書類

を提出するよう指示があったという。陣営幹部は「無所属で闘うのか、

希望から出るのか、本人から伝えられていないので分からない。ただ、

期限があるので一両日中に態度を決めないといけないと思う」と話した。

以上朝日新聞ソース。

 

としているのですが周辺では希望の党が求めている安保法制の容認について

に強く反対してきた事もあり合流は難しいのではとの声があります。も希望

の党に入りたいがために安保法制の容認してしまえば・・・・辻元氏の選挙

区大阪10区はどのような反応を示すのでしょうか?

 

そして

民進党の辻元清美幹事長代行は「わたしは、リベラルの力と重要性を信じて

います。ですから、わたしは行きません」と述べた。 そのうえで辻元氏は、

「保守の立場の小池新党と、わたしのリベラルの立場から、安倍政権を挟み

撃ちにして倒せばいい」と語った。

以上。FNNソース。

 

として辻元氏は希望の党入りを拒否しました。

広告

 - 政治