PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

豊洲市場で盛土が一部行われず、小池知事が公表。他に設計に欠陥が?

      2016/09/12

Pocket

東京都の小池百合子知事が午後5時に緊急に記者会見を開き、土壌

汚染対策として行われていたはずの盛り土が実際には一部で行われ

ていなかった事を公表しました。

 

豊洲市場汚染対策で東京都が事実と異なる説明

東京都の小池百合子知事が緊急で記者会見を開き、豊洲市場の土壌

の汚染対策として行われた盛り土が、主要な建物が建つ部分でおい

て実際には行われていなかったことを明らかにしました。東京都は

これまで敷地全体で盛り土をしたと説明していたとして、小池百合

子知事は「正しくない説明で、訂正したい。都政の信頼回復に逆行

する」として実態調査に乗り出す考えを示しました。

 

盛り土が行なわれていなかった場所とは食品を扱う部分で、通常の

盛り土の計画では盛り土工事は、およそ40ヘクタールある豊洲市場

全部で行われるものとして、地下2メートルまでの土壌をすべて取り

除き通常の土で埋め戻した上にさらに盛り土を重ね、高さ4.5メート

ルになるきれいな土の層を造成する工事だったのですが、結果的に

食品を扱うところでは汚染された土壌を除去していたものの、配管

などの設置を理由に盛り土は行われず空洞の状態となっており掘っ

ただけの状態となっているのです。

盛り土が行なわれていない部分。日本共産党都議団撮影

盛り土が行なわれていない部分。日本共産党都議団撮影

 

 

関係者の声は?

この事実が発覚した中、関係者はどんな感想を漏らしたのでしょう

か?豊洲市場への移転を予定の11月7日に求めてきた「築地市場協

会」の伊藤裕康会長は、

「報道を見てびっくりした。東京都は、なぜ、事前に、われわれ

や都民にきちんと説明しなかったのか。今になってこの様はなん

だという思いと、何でちゃんとやらなかったのかという思いで怒

り心頭だ」と述べました。そのうえで「東京都は、安全への意識

が欠けている。都の責任者からは、実際どのような工事をし て、

安全対策はどうなっているのかさまざまな証拠を示してもらいな

がら、明確な説明を求めたい」

以上。NHKソース。

 

として失望と怒りを露わにしました。これまで予定通りに移転す

る事を求めてきただけに、完全にハシゴを外された格好となって

しまいました。一方の移転に慎重な仲卸業を営む会社関戸富夫社

長は、

「報道を見て、『やっぱりそうだったのか』と思った。食品を

扱う以上、土壌の問題も含めた安全が確保されないままの豊洲

への移転は考えられない」

以上。NHKソース。

 

と移転延期が正しかったのかと再認識したようでした。

広告

他にも問題点のある豊洲市場。

汚染物質の不安を一掃するはずの盛り土が一部行われていなかった

問題も深刻ですが、他にもいくつか豊洲市場には問題点が指摘され

ています。

 

豊洲市場の水産仲卸売場棟の床に関しては、その「床」が抜けるの

ではとの指摘があり、豊洲市場売場棟の床の積載荷重の限度が1平

方メートルあたり700キログラムとされていてこれには

「仲卸では1トンを超える水槽や荷物を乗せれば5トンに達す

るフォークリフトなどが稼働する。それだけの強度で果たして

床は耐えられるのか」

以上。夕刊フジソース。

 

との懸念があるほかに、店舗に関しては仲卸各店舗の間口が1コマ

で1.3メートルとなっているのですが、この広さだと「大きなマグ

ロの切り分けもできない」との声も聞かれます。

 

最終的にこのあたりの問題は豊洲市場を使用しないと使い勝手が分

からない面もあるので、結論を出すには早いのですがそれ以前の問

題として盛り土が行なわれていないという点がある以上は簡単にオ

ープンさせるわけにもいかないでしょう。

広告

 - 便利, 政治 , ,