PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

篠原ともえの今は?台湾事件以降、英語力やデザイン関係で活躍も・・・。

      2017/10/06

Pocket

篠原ともえといえば一昔なら独特なファッションをまねをする

「シノラー」なるものが出てくるほど人気を誇っていた篠原と

もえですが、ある日を境にテレビの露出が減り、その後マルチ

タレントとして再ブレイクをし果たした篠原ともえとはどんな

タレントだったのでしょうか?

 

篠原ともえの芸能活動の流れ。

篠原ともえは1995年にデビューし彼女の出演番組で有名な

のは「LOVE LOVEあいしてる」、CDでいえば「やる気セン

セーション」「クルクルミラクル」などがあります。

 

篠原ともえ

本名 篠原友恵

1979年3月29日生まれの36歳

東京都青梅市出身で東京都立八王子工業高等学校卒業後、文化

女子大学短期大学部卒の進学し卒業しています。

今はどうなのかはわかりませんが、女性で工業高校に通っていた

というのは少々驚きでした。

ちなみに彼女が通っていた高校は2010年に閉校しています。

シノラーファッションの例

シノラーファッションの例

 

 

 

どうしても語られてしまう「台湾事件」。

篠原ともえはイメージとしては、突然テレビに出なくなったという

印象があるのですが、その理由としてよくあげられるのが「台湾事

件」とされている一件ですね。

この台湾事件と言うのは、2001年に台湾で緊急入院したというもの

ですが、この理由と言うのが「泥酔してホテルで大暴れした」という

件で、篠原ともえはホテルで廊下の壁や非常階段の扉を叩いたりした

他、火災報知器のボタンを押したりとめちゃくちゃな行動で日本人の

スタッフによって病院に運ばれたというのです。

 

印象としては、病院というよりは警察なのではという気もしないでは

ないのですが、とにかく台湾の病院に緊急入院する事になったのでした。

 

篠原ともえ本人はこの一件を否定していたというのですが、帰国した際

にはマスク姿で会見をしていて、否定はしているものの本当に何もなか

ったとは思えないような雰囲気だったようです。

 

本当にこの一件が芸能界を干される要因になったのかどうかは怪しいとこ

ろですが、

「それまで明るく元気ないい子キャラだった篠原のイメージが完全に覆

された事件でした。そのため、一気にCMスポンサーが離れ、メディアへ

の露出も減っていきました」

以上。ビジネスジャーナルソース。

広告

NHKで英語講師として出演していた。

その後永らくテレビの露出は減っていたようですが、地道な活動を続け、

2011年8月12日と14日にはNHKの「高校講座 チョー基礎から始めよう

!ベーシック英語」にて英語の講師役で出演していました。

講師役といっても堅いものではなく、ロック部の顧問で英語ができない

福島淳と高嶋香帆に英語を教えていくというコーナーでした。

篠原ともえは英語ができたのか?と当時は疑問もあったようですが、

篠原は「LOVE LOVEあいしてる」のコーナーで海外タレントの取材

コーナーがきっかけで英語を覚えたとか・・・・、それだけで英語が

できるようになるのかは疑問ですが、どちらにしても番組で講師をす

るのですからかなりの英語力なのでしょう。

 

再ブレイクは果たしたものの・・・。

シノラーキャラから篠原ともえという知的・マルチタレントとして

再ブレイクし、今も各方面で活躍をしてはいるのですが、ここ最近

はマスコミの関心も薄くなりがちだそうです。

少し前に、ポール・サイモンの息子から”求婚”された事が話題とな

りましたが、それ以降はあまり話題にはなっていません。

11月19日の美容ヘアブラシ「ビジョーナ リセットブラシ」の新商品

発表会に篠原ともえが出席したのですが、マスコミからの反応が薄か

ったようです。

囲み取材も2~3分で終わったという事で、本人も多少焦りがあったとか。

当分は模索する状況が続くのかもしれません。

広告

 - 芸能 , , ,