PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

城島茂が手の震え。年齢か、ギターか、アル中か、パーキンソン病か?

      2016/09/12

Pocket

11月1日のザ!鉄腕!DASH!!」にて、TOKIOのリーダー・城島茂の動きに

注目が集まっているようです。

城島茂が、徳島県のレンコン農家を訪ねた際、菜箸(さいばし)を持つ手が

震えていた他、包丁を使用する時にも手が震えていたというのです。

これを見た視聴者からは、年齢的なものか?ストレス、ギターの弾きすぎに

よる後遺症、アルコール中毒、パーキンソン病などの疑いで見ているようで

すが、今回はパーキンソン病の可能性を考えていきたいと思います。

 

パーキンソン病とは?

ここでパーキンソン病とはどんな病気かを説明します。

パーキンソン病は、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、体がうまく

動かせなくなる病気です。1817年にジェームズ・パーキンソン医師が

発見し、それが病名となっています。

 

手足が震える。

城島茂の「手の震え」が注目されていますが、手の震え以外にもいく

つかのサインがあるようです。

まず手の震えですが、症状としては最初に発見するもので、左右ど

ちらかの手で強い震えが出てきます。これを「振戦」と言います。

症状としては、

1、手や足の片側に強い震えが出る。

2、普通にしていると震えが来て、何かをしようとすると止まる。

3、歩行や緊張状態で震えがきつくなる

などが挙げられます。城島茂にもそういったサインが出ているのかも

しれません。

筋固縮の症状。

パーキンソン病の症状として、筋肉がこわばる「筋固縮」という症状があります。

手首を持ちゆっくり前後に動かすと、カクカクとした抵抗感があります。

日常生活では気づきにくく、自覚症状もないのでパーキンソン病が疑われる場合

は一度手首を持ち腕の上下の動きの感覚を確かめた方がいいでしょう。

無動と言う症状。

動きが遅い、体の動きか少なくなったりする症状を「無動」といいます。

無動の特徴としては、

1、動くまでに時間がかかる、動作が遅い

2、細かい動作がしづらくなる。

3、意識に動かしている動作(まばたきなど)が少ない

という特徴があり、無動の特徴としては、

文字を書くとだんだんと小さくなっていく、寝返りがうてない、声が小

さくなるなどの特徴が出てきます。

 

バランスが取りづらくなる。

パーキンソン病ではバランスが取りづらくなるという症状もあります。

これを「姿勢反射障害」といいます。傾向として、

1、立った時に少し前かがみになる。

2、歩くさいに小股ですり足になる。

3、少し押されただけで転んでしまう。

そして姿勢反射障害が原因の症状として指摘されているのが、

転んだり、歩くときに止まらなくなったり、最初の1歩が出なかったり

という症状が出てきます。

城島茂にもしそういった症状が出ているのだとしたらメンバーがこう

した異変に気付いているのかもしれません。

どのような治療法があるのか?

基本的には、薬物療法になります。パーキンソン病はドパミン神経細胞が減少する

事が原因のため少なくなったドパミンを補う事で治療していきます。

手術と言う方法もあり、脳内に電極を入れて視床下核を刺激する方法がよ

く行われます。

gfdshjsj視床下核の位置。

あと、体を動かすことがパーキンソン病の治療にもなります。、散歩やストレ

ッチなど、軽い運動を毎日運動を続けることが重要になってきます。

 

結論から言えば、城島茂がパーキンソン病の可能性は低いと思われます。と

いうのも番組では「菜箸(さいばし)を持つ手が震えていた」「包丁を使用

する時にも手が震えていた」となっていますが、パーキンソン病だとこれら

の動作の際には「振戦」は考えにくいのではないかと思われるからです。

もちろん、断言はできませんがどの症状であれ、もっと城島茂を見ないと

なんとも言えない気がします。

AD

 - 便利, 芸能 , , ,