PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

都議会自民党から新派閥?小池都知事も新会派結成でドンはどうする?

      2017/01/20

Pocket

2017年7月の都議会選挙に向けて、いろいろと動きが出てきています。

といっても動いているのはほとんどが小池知事側と都議会自民党なの

ですが。

 

都議会の力関係に変化か?

都議会自民党が分裂の危機に直面するのではとされています。「反内田

派」の都議が2月にも新派閥を立ち上げ、内田一派と対峙するというの

です。現在のところ反内田派とみられる都議会自民党都議は少なくとも

10人はいるとされています。

広告

すでに3人の自民党都議が自民党内で別会派を結成していて「新風自民党」

として活動していますが

「離脱3人組のように会派を離れてしまうと、いかにも『今年夏の都

議選目当て』のように映ってしまう。それは邪道だ。本来の都議会自

民党には、幅広い意見を受け止める度量の深さがあったが、今の内田

支配体制では、政策を自由に論争する空気すらなくなってしまった」

以上。夕刊フジソース。

 

という事で反内田派の立ち上げの経緯について語っており、さらに豊洲

の問題が後押ししたとしています。地下水モニタリング調査で、環境基

準を大幅に上回るベンゼン、ヒ素、シアンがそれぞれ検出されこの現状

に百条委員会を設置すべきだという声が挙がっていて、反内田派の自民

党都議もこれに同調しています。

反内田派の自民都議も「百条委員会は拒否すべきではないし、むしろ

積極的に都議会自民党から提案していくべきことだ」と言い切るが、

「ドン一派は、百条委員会の設置に難色を示しているようだ」と明かす。

以上。夕刊フジソース。

 

やはりと言いますか、もし百条委員会設置となれば豊洲の経緯に関して

石原慎太郎氏も証言を求められるでしょう。以前に小池知事からの証言

要請には応じていない石原氏ですが、百条委員会では出席が求められる

ことになりますので、そのあたりも内田派としては百条委員会設置には

賛成はしないでしょう。

広告

小池都知事側は1月中にも都議会に新たな会派を立ち上げ。

そんな中、小池都知事側は着々と都議選に向けて準備を進めているよ

うです。すでに「都議会自民党」の3人が「新風自民党」を立ち上げ

ていますが、次は小池都知事側が新たな会派を立ち上げるとしています。

小池都知事を支持する議員が今月中にも新たな会派を立ち上げる方

向で最終調整していることがわかりました。関係者によりますと、

新たな会派には「かがやけTokyo」の現職都議3人が参加する

予定で、新会派の名称は「都民ファーストの会 東京都議団」とする

方向で最終調整しているということです。

以上。TBSソース。

 

7月の都議選には全1人区に候補者を立てる事を目標にしているという

小池知事側の思惑があるようですが、果たしてうまくいくのでしょうか?

広告

 - 政治 , , , , , ,