PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

タクシー強盗事件の件数・時間別は?料金を支払わず会社も苦悩。

   

Pocket

札幌市内でタクシー運転手ならびにタクシーの暴行した上に料金を払わなか

ったとして30歳の人物が捜査上に挙がっているのですが、タクシーによる強

盗事件はどれぐらい発生しているのでしょうか?

 

タクシーを対象強盗事件の件数は?

ここで、警視庁のデータからタクシーによる強盗事件の犯罪件数を見ていきます。

 認知事件数検挙数
2007年184117
2008年196126
2009年155129
2010年10576
2011年11998
2012年113100
2013年8172
2014年10083
2015年9788
2016年118110

広告

タクシーの車両数は、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会資料によ

る各年3月31日現在における法人タクシー車両数と個人タクシー車両数の合

計となっています。ただし、平成28年は27年と同数。

 

2007年以降では認知事件数2012年まで100件以上あったのが、2013年以降

は2ケタと3ケタを交互に推移しており、検挙数は高い水準となっています。

全体的には減少傾向となっており、対策の強化等が功をそうしたのでしょうか。

 

時間帯別による強盗事件認知事件数では

 2012年2013年2014年2015年2016年
0時~4327322539
3時~2215222632
6時~1054168
9時~46728
12時~102234
15時~42332
18時~461085
21時~1618201420
1138110097118

広告

時間帯別ではやはりといいますか、深夜帯が多いのが特徴となっています。2

015年はやや変わった傾向があり、他の年度では0時あたりから犯罪件数が多

くなり6時にはピークを過ぎているのですが、2015年に関しては3時がピーク

となっており、ピークを過ぎるのが9時以降とピークの時間帯がずれているの

ですが、何か理由はあったのでしょうか?

 

11月10日には旭川市でタクシー運転手の男性が足を刺された上に売上金を奪

われる事件がありました。時間帯としてはやはり事件の起こりやすい時間帯

で、タクシーの運転手としては恐怖の時間帯なのですが、電車が走っていな

い時間帯を走るのは儲け時としてはまさに絶好機なので、深夜に走らないと

いう選択はあり得ないでしょうし、北海道では都心から地方の家まで距離が

あるところに住んでいる人も多いでしょうから、そういう人たちの足として

はまさに重要な交通手段なので、タクシーの運転手としてはリスクを背負い

ながらも走らなけらば行けない環境にはやや気の毒な面があります。

広告

 - 便利 ,