PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

瀧内公美が映画界でブレーク中?大学時にデビューしCM界の常識を破る?

   

Pocket

瀧内公美の脱ぎっぷりが称賛されているようです。通常の女優とは意気

込みが違うと見られていて、今後の映画界を引っ張る存在となるやもし

れません。

 

脱げる女優に需要が?

映画で「脱げる女優」という枠があるそうなのですが、脱げる女優につい

て引く手あまたとされる女優がいるそうです。どんな役割でも専門的に求

められる事はあるとは思いますが、「脱げる女優」という枠というのはあ

まりピンとは来なかったので、よく考えてみるとそういう枠があってもお

かしくはないなと感じました。

広告

今注目されているのが瀧内公美だそうで、現在はかなり「脱げる女優」で

引っ張りだこのようなのです。

「彼女はこれまでも、映画『グレイトフル・デッド』(2014)や『日本

で一番悪い奴ら』(16)で過激なシーンを演じています。所属事務所は

スターダストですが、27歳という年齢的にも、彼女が大作映画で主演し

たり、プライム帯のテレビドラマで主演することは難しいでしょうから

ね。CMにもちょこちょこ出てましたが、今後は“脱ぎ”を武器にすること

を選んだんでしょう」(芸能事務所関係者)

以上。日刊サイゾーソース。

 

として“脱ぎ”を武器にしたところ映画界において必要不可欠な存在となった

ようです。瀧内公美に場合は純粋に映画が好きだというので間宮夕貴と共に

評価が高く

 

(中略)瀧内さんと間宮さんの場合は、2人とも映画が好きで、女優の仕

事を続けたいという強い意志があって脱いだそうなので、中途半端に背中

だけ見せる女優たちと比べると意気込みが違いますよ。いま名前の通って

る女優さんで脱げる女優というのは、寺島しのぶさんや鈴木杏さん、門脇

麦さんくらいしかいないので、彼女たちに続く大物女優の脱ぎっぷりも見

てみたいんですけどね」(映画ライター)

以上。日刊サイゾーソース。

 

もちろん女優なら誰でも脱いでOKというわけでもないでしょうし、脱いだ

らいいというものでもないでしょうから、やはり役としてできる人間でない

と務まらないのでしょう。

 

ただすでにCMに出演している女優にとって脱ぐというのはスポンサーの関

係でかなり勇気がいる(特にら化粧品やファッション系)らしいのですが、

瀧内公美の場合は逆に脱いだ結果もしかしたらCM出演が増える事も予想さ

れ、これまでのCM界の常識を打ち破る可能性も考えられます。

広告

「彼女の人生は間違いじゃない」での葛藤。

瀧内公美と言えば「彼女の人生は間違いじゃない」を思い浮かぶ人も多いの

ではないかと思われるのですが、福島の市役所に勤務し週末には東京へ出向

きデリヘルのアルバイトをするというみゆき役を演じている瀧内公美で、

本作のオーディションに合格するまでは「自分の力が信じられなくなり、

実家に帰りたくなっていた」という瀧内。初の廣木組では「自分のいら

ないものを全部とられていきました。ありのままの姿でいい」というこ

とを教わったようだ。デリヘルで働いている人への取材や福島の仮設住

宅を訪問し、本読みの際には廣木監督からある指導を受けた。「『1冊

のノートに自分の考えたことや思いを書いてください』と言われました。

そのノートは今でも自分の宝物になっています」と語っていた。

以上。映画.comソース。

 

として作品への葛藤や悩みを話しています。通常の役とは違う役作りで苦労

したであろう瀧内公美ですが、まさに体当たりの演技が今後の映画界ではな

くてはならない存在になるのでしょう。

 

瀧内 公美(たきうち くみ)は1989年10月21日生まれのAB型で富山県出身。

スターダストプロモーション芸能6部に所属。大学4年生の時、映画のエキス

トラに参加したことでスターダストプロモーションに所属し芸能界入りして

います。初主演映画「グレイトフルデッド」(2014年)の出演が注目を集め、

以降映画「日本で一番悪い奴ら」(2016年)、ドラマ「とげ 小市民 倉永晴之

の逆襲」(2016年)に出演するなど今後も活躍が期待される女優であります。

広告

 - 芸能 , ,