PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

高島礼子,旦那逮捕以前から薬物検査を?子供なしでも離婚は考えず?

      2016/09/12

Pocket

高知東生が覚せい剤で逮捕されましたが、実は高島礼子は定期的に

薬物検査をしていて結果は常にシロだったというのですが・・・。

 

たびたび薬物検査をしていた高島礼子

夫・高知東生が逮捕されてから3週間が経とうとしていますが、こ

れまでの高知東生容疑者の覚せい剤への経緯から、高島礼子は本当

にやっていないのかとか、本当に夫の覚せい剤使用を知らなかった

のかとかいろいろと疑問が出てくるのですが、どうも高島礼子は自

身の薬物反応には絶対的な自信があったようで、

「彼女は、定期的な検査を通じて薬物反応についても調べてい

たからです。そして、その結果は常に『シロ』判定でした」

以上。デイリー新潮ソース。

 

とテレビ朝日の関係者の方が語っています。実は高知東生容疑者

の逮捕の報道は午後5時半ごろでしたが、所属事務所「太田プロ」

の幹部やテレビ朝日の担当者が集まっていて緊急会議を開いてい

たとか・・・。手際の良さというか、少なくとも会社側はすでに

高知東生容疑者が逮捕される情報を入手していた事になります。

 

高島礼子本人は報道で知ったと言っていましたが・・・。そして

緊急会議の内容と

して

「薬物検査の陰性反応を打ち明けられて納得し、ドラマの撮影継

続を決定しました。そこからは、どのように世間へ説明するのか

が『会議』のテーマになった。記者会見はできるだけ早く行うべ

き。その場合にはとにかくわかりやすいのが一番。だとしたら、

当局の事情聴取ならびに尿検査を受けるべきではないか、という

ような話し合いが続けられたと言います」

以上。デイリー新潮ソース。

 

あの記者会見では高島礼子の株が上がったとか同情的な視点で報

じられたりとかで、少なくともあの会見は高島礼子にとってプラ

スに働いていましたが、これもやはり戦略的な側面があり、そし

て事情聴取と尿検査にすぐに応じた点も彼女にとって優位に動い

ていました。この点は内容は違えどもベッキーの一連の対応とは

対照的と言わざるを得ません。

 

そして、太田プロの磯野太社長は緊急会議の中身の一部として高

島礼子定期的に薬物検査をしていたかについては否定も肯定もし

ませんでした。これは難しいところでしょう。もし認めてしまう

となぜ定期的に薬物検査をしていたのかという疑問が出てきて、

やはり夫が覚せい剤に手を出していた事を知っていたのでは?と

勘繰られるからでしょう。

広告

高島礼子の“子どもがいれば違っていたのかな”に違和感が?

高島礼子と高知東生容疑者には子供がいませんが、その事を高島

礼子は気にしていたようで、「60歳になったら、もう外で子供つ

くってもいいよ」などと伝えていたとされています。それでも離婚

は考えていなかったようで、その上で今回の逮捕で「子供さえいれ

ば、こんなことにはならなかったかもしれない」と考えているとさ

れているのです。

 

これについて

確かに『子は鎹』と言いますが、少なくとも私の周りには“子供が

いないこと”を理由に離婚した人はいません

以上。ビジネスジャーナルソース。

 

という50代既婚者の見方もあれば、

子供を授かることで、親として“しっかりしないと”といった感情は芽

生えると思う。うちの夫も、妊娠発覚前は頼りなかったけれど、今は

生まれてくる子供のために生活スタイルをガラッと変えた。

以上。ビジネスジャーナルソース。

 

という30代既婚者の意見もあるのですが、子供がいても覚せい剤に手を染

める清原和博のようなケースもあり、では高知東生容疑者夫妻に子供がい

た場合に清原コースになるのかならないのか・・・、こればかりは誰にもわかりません・・・。

広告

 - 芸能