PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

高畑淳子,息子裕太の違約金の為自宅売却?告白本・ヘアヌードも。

      2016/10/21

Pocket

高畑淳子が違約金の支払いの為に自宅売却を決意したとしています。

被害女性が週刊現代にあの事件を語ったことにより、ほぼ完全に芸

能界への復帰が絶たれた高畑裕太は今後どのような道を辿るのでし

ょうか?

 

高畑淳子が自宅売却を決意か?

以前より話に出ていた賠償金捻出のための自宅売却の話ですが、ど

うやら売却の方向に向かうようです。高畑淳子本人はその事には一

切触れていません。

広告

関係者の話として

「裕太の不祥事で負った損害賠償金を捻出するため、数年以内に現

在の一軒家を売却する決意を固めたようだ。また裕太の今後だが、

テレビでの活動が絶望となった今、母が取締役を務める劇団青年座

に入団。今後は舞台に専念させる」(高畑母子を知る芸能プロ関係者)

以上。週刊FLASHソース。

 

としているのですが、このテレビでの活動が絶望的になった理由は単

に高畑裕太が事件を起こしたからと言う理由だけではなく、被害女性

が表に出てきて一連の週刊誌の報道を否定したからです。これは高畑

側の代理人が主張する「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」を

否定するもので、

《ベッドに押し倒されると、すぐ耳元で、「脱げ」と低く凄みの

ある声で言われました》《加害者(高畑のことをAさんはこう呼

ぶ)は、避妊具もつけずに性行為に及んで……。私は、「やめて

ください」と訴え続けましたが、「いいから黙れ」と脅すように

言われました》

以上。週刊FLASHソース。

 

と具体的に語っています。示談が成立したとの事ですが、これだとど

ういう示談の内容だったのかが気になります。たいていの場合示談の

内容に事件の事は話さない等の条件が付くはずなのですが、今回の事

件における示談にはそのような条件は含まれていなかったという事な

のでしょうか?

 

この週刊現代の内容について被害者側の弁護士は、

「週刊現代に書かれているとおりです」

としていますが、

高畑の弁護人は「当方が把握している事実関係とは異なる点も多

々ありますが」「女性のお話によっても、このような明らかな暴

行や脅迫は認められないものと認識しています」

以上。週刊FLASHソース。

 

と完全に食い違いを見せており今後も何か新しい情報が出て来そう

な気配です。

広告

億単位の借金返済のために告白本を出版か?

高畑裕太の不祥事により億単位の違約金が発生すると言われていますが、

自宅売却で事が収まるかどうかは微妙なところで、今後は告白本出版の

可能性について言及されています。

「今回の騒動で動いているのが出版関係者。裕太のことはもちろん、

自身の過去、性癖、男関係も赤裸々に書いてもらおうとしている。

ギャラは1000万円の印税契約で、彼女の“ヘアヌード”があれば30

00万円。もし、ミリオンセラーになれば、低く見積もっても“億”の

収入が見込める。すでに、水面下で仕掛け人が動いているようです

」(芸能ライター)

以上。週刊実話ソース。

 

告白本のみならず、ヘアヌードの話まで出てきているようです。もし

告白本とヘアヌードとセットで契約できればその出版社としては大き

な仕事となるでしょう。ヘアヌードに需要があるのかどうかはいま一

つわかりませんが、告白本は間違いなく売れるでしょう。すでに出版

社による争奪戦が始まっているのでしょう。

広告

 - 芸能 , , , , ,