PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

高橋みなみ,卒業公演後に「元AKB」の肩書きをNGに。理由は?

      2016/09/12

Pocket

AKB48を卒業したとはいえ、まだAKB48のイメージが強く残

る高橋みなみですが、音楽関連のイベントで「元AKB」の肩書

きを持ちださないでほしいと高橋みなみ側から要請があったよ

うで、マスコミが困惑する事となったのですが・・・。

 

高橋みなみの「元AKB」禁句の是非。

2016年4月に「AKB」を卒業したのでこれからは、「元AKB」

の肩書きで呼ばれる事になるはずの高橋みなみですが、「元A

KB」という言葉を意識しすぎているのか、音楽イベント「Ro

ckCorps supported by JT 2016」の開催記者発表会では高橋

みなみに「元AKB48」という言葉を使用しないでほしいとPR

スタッフから要請があったのです。

 

集まった記者は「失望」したようで、何に失望したのかはよく

わかりませんが、この事は高橋みなみに限った話ではないよう

で前田敦子や秋元才加も卒業後に「元AKB48」という肩書を使

わないでほしいという話はあったようです。マスコミからのウ

ケがよかったとされる高橋みなみまでもが「元AKB48」という

肩書を使用しないでほしいという要請には「たかみな、やっぱ

りお前もか」という声が上がっていたとか?

 

「元AKB48」を使用しないでほしいという要請自体は、失望す

るほどの事とは思えない気もするのですが、「元AKB48」と書

かないと記事としては価値が下がってしまうものなのでしょうか?

広告

高橋みなみとAKBを運営するAKSとの間で話し合いがあったか?

高橋みなみは「AKB48」のイメージ払拭に神経質になっている

とされており、AKBという3文字そのものに難色を示しているとか。

 

その理由としては、前田敦子にしろ大島優子にしろ現地点で彼

女達をイメージするキーワードとしては、やはり「AKB48」と

いう事となってしまい、前田敦子の場合は2012年8月の卒業か

ら今日に至るまでやはり「AKB48」のイメージがしっかりと残

っています。そう考えると、高橋みなみ側の「AKB48」肩書き

を使用しないでほしいという要請はあまり意味がないのでは・

・・・、それでもやはり早く「AKB48」からの脱却を狙ってい

るのか・・・・。

 

ただ高橋みなみ側の「AKB48」肩書きの使用自粛に対しては別

の見方もあるようです。

「AKBに所属しているうちは、メンバーのスケジュール管理

も所属事務所にはほぼ権限がなく、運営元であるAKS主導で

す。卒業してからが事務所にとっては稼ぎ時。しかし、AKS

も卒業したメンバーの集客力を現在のAKBのイベントに有効

利用しようとすることが多い。高橋の事務所はAKSとの間で、

AKBの活動に協力できない代わりに、ソロ活動する上でAKB

の名前を利用しないという約束を交 わしたのかもしれません」

以上。ビジネスジャーナルソース。

 

この事は考えようによっては、他のAKB48OGと違いもう絶対

にAKBには関わらないというある意味での高橋みなみと事務所

の強い決意ともとれます。篠田麻里子などの元AKB48が時々A

KB関連のイベントに参加したりしていますが、もしかしたら高

橋みなみと事務所はそういうOGの現状を嫌った可能性もありま

す。もちろん卒業後は事務所にとって稼ぎ時なのでしょうが、

長い目で見た時に元AKBの現状を見て思う所があったのでしょう。

 

もし、この決意がAKB48で世話になったのに「後ろ足で砂をかけ

る」かのように映ったのだとしたら残念な話ではあります。

広告

 - 芸能 , ,