PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

平慶翔氏が不祥事で秘書を辞めていた?板橋区から都議選に出馬。

      2017/04/19


平愛梨の弟で板橋区から東京都都議選に出馬の平慶翔(けいしょう)氏

に関してですが、どうやらよくない話が出てきているようですが・・・。

 

平慶翔氏とは1987年8月6日生まれで兵庫県神戸市出身で身長は170cm

とされています。3年B組金八先生(TBS)で園上征幸役として出演し

ていた事があります。

 

不祥事で下村博文氏の秘書を辞めていた。

都民ファーストの会からの出馬が決まっている平愛梨の弟で平慶翔(

けいしょう)氏ですが、かっては自民党東京都連会長の下村博文氏の

秘書を務めていたのですが表向きは辞任し、小池新党からの出馬とい

う流れになっているのですが、実情はそうではないようです。

広告

一体何があったのでしょうか?

「平氏は円満に秘書を辞めたことになっていますが、本当はカネ絡

みの不祥事で事務所を解雇されたんです。でも、下村サンの武士の

情けでね。対外的には平氏は実家の家業を継ぐという話にして、送

別会まで開いてあげていましたよ」

 (中略)

 で、その後の平氏がどうしたかといえば、事務所を辞して僅か3

カ月後のこと。古巣には内緒で、次期衆院選愛知2区の自民党候補

の公募に名乗りを上げたのだ。「案の定、公募選考では身体検査に

引っかかり落選しました。それで、自民ではもう目がないと考えた

のか、すぐさま小池新党へ寝返ったんです」

以上。デイリー新潮ソース。

 

選挙に出るという事で当初自民党から衆議院選挙に出馬を模索してい

たようですが、あえなく都議選に変更したという事で、しかも理由が

金銭絡みでの不祥事という事なのですが、都民ファーストの会の身体

検査はどうなっているのでしょうか?

広告

板橋区から出馬。

今回平慶翔氏が出馬するのは板橋区からだそうで、ここは下村博文氏

のお膝元でありしかも現職の自民都議2人は下村氏の元秘書という事

で、都民ファーストの会はあえてそこに平慶翔氏を出馬させるという

のです。

 

2013年の都議選は(投票率43.80%)

 順位候補者名政党得票数
当選1たちばな 正剛公明党34916
当選2松田 やすまさ自由民主党34634
当選  3河野 ゆうき自由民主党30926
当選  4とくとめ 道信日本共産党28010
当選  5みやせ 英治みんなの党20180
  6くまき 美奈子民主党17403
 7岡林 ひろか日本維新の会12876
 8おばた 健太郎生活の党4977
 9小野塚 礼佳無所属3170
 10くりた 弘明無所属1354

 

このような結果となっていて、自民党は立候補者全員が当選しており

板橋区でも自民党2人が当選しています。

 

下村氏は所属する清和研の会合で、

「板橋区に出る平は私の秘書だった男ですが、事務所費を懐に入れ

るような男です。つまり、都民ファーストの候補は問題のある人物

だということ。こんな相手には絶対に負けられない」

以上。デイリー新潮ソース。

 

としていて何としても負けられないという気持ちが当然のように強く、

公明党とのパイプが無い中どのような争いになるのかが注目されます。

そして平慶翔氏と言えば今回の都民ファーストの会からの出馬につい

 

「板橋は自民の枠が一杯だから、下村さんが小池さんに頼んで『都民

ファースト』から出馬することになった”と説明し、自分は自民党です

から」

 

と言っているとしているのですが、下村氏が小池氏に頼む何て事がある

ハズが無いと思うのですが・・・。

広告

 - 事件, 政治