PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

衆議院選挙2017の定数は465。0増10減の区割りの中身は?

   

Pocket

もうすぐ衆議院選挙がはじまるそうですが、ここで衆議院選挙の議席の

変更について見ていきます。今回の選挙から「0増10減」となり10議席

が減ります。

 

衆議院選挙の区割り変更に関して。

今回の衆議院選挙ですが、いくつかの改正があります。まず小選挙区の

定数が295から289に変わった点です。-6の議席減となっているのです

が、

 

青森県 4→3

岩手県 4→3

三重県 5→4

奈良県 4→3

熊本県 5→4

鹿児島県 5→4

 

となりそれぞれ選挙区が1つ減る事になります。さらに議席こそは減らな

いまでも14の都道府県も区割りが行われており、合計で19都道府県の97

選挙区で区割りが変更される事になります。

広告

これにより1票の格差が縮まる事となり

改定前では北海道1区589,501人と宮城5区270,871人との格差が2.176倍

だったのが、改定後では神奈川16区554516人と鳥取2区との格差が1.956

倍に縮小される事になるのです。

 

さらに比例区でも議席が減る事となり

東北ブロック 14→13

北関東ブロック 20→19

近畿ブロック 29→28

九州ブロック 21→20

 

と4つ減る事になり小選挙区と併せると0増10減となります。比例の議席は

これまでの180から176となり、今回の選挙の総議席数は289+176=465

議席という事になります。この選挙区・比例区の変更により選挙戦はどの

ように変化するのでしょうか?

広告

選挙結果はどのようになるのか?

仮に10月22日に選挙が行われた場合選挙結果はどのようになるのでしょう

か?9月13日の夕刊フジの選挙予測では

政党小選挙区比例区議席予測現有議席
自民党21261273287
公明党9253435
民進党44287290
小池新党(名称未定なので取りあえずこれで)92635
共産党1232421
日本維新の会6121815
社民党1122
自由党2022
その他50520
  465475

夕刊フジ調査。

 

となっています。投票率は50%前半とします。この調査では自公で2/3の310

議席を獲得できると予想されています。自民党はやはり都議選の逆風が完全に

は払しょくされていないようなのでこの数字となっているのですが、この辺は

やはり投票率に左右されるのかもしれません。

 

民進党は支持が広がっていませんが前原誠司代表をどう評価するかで議席が変

わる可能性もあるでしょう。一番の不確定が小池新党で候補者の数によっては

さらに議席を増やすことも可能かもしれませんが、小池新党に対する期待は拮

抗しており闇雲に候補者を出すと却って惨敗する可能性も出てきます。民進党

からの離党者や候補者によっていろいろなシナリオが考えられます。

 

日本維新の会は関西でどれだけ議席を取る事ができるかなのですが、それ以外

には議席を確保できるところがないので党の存在感を示すことができなければ

関西以外での戦いは厳しくなります。共産党は野党共闘がどのように左右する

のかがわかりませんので何とも言えませんが、やはり比例で手堅く議席を取る

戦略となります。

 

今のところは解散が決まったわけではないのですが、解散後の状況により戦局

が変わる事も十分ありますので、各党とももうすでに心の中ではすでに選挙は

始まっています。

広告

 - 政治 , ,