PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

社民党が民進党へ合流か?吉田党首が言及も党内は否定的で党消滅も?

      2016/09/12

Pocket

社民党が民進党と合流するという話が出ていて、社民党党首の吉田

忠智氏も可能性に言及していますが党内での反対論が根強く一

筋縄ではいかないようです。

 

社民党は公式で民進党との合流を否定するも・・・

今回の社民党により民進党への合流話は、民進党側から明らか

になりました。民進党は以前より社民党へ合流話を持ちかけて

いて、この話にようやく社民党が乗った形となったのですが、

当の社民党はこの話を「事実無根」として否定するコメントを

発表しています。このコメントは無署名で発表しています。

 

しかしながら、党の公式コメントとは裏腹に社民党党首である

吉田忠智氏は民進党の合流に関して前向きなコメントを残して

います。

「社民党が参議院選挙を戦うのは極めて厳しい状況で、比例

代表で野党の統一名簿を作ることを追求しながら、いろいろ

な選択肢を考えなければならない。その中に、民進党との合

流も選択肢として考えられるのではないか」

以上。NHKソース。

 

として民進党との合流に今の社民党の現状を踏まえたコメント

を残しました。党と党首とでこの温度差・・・・なにか社民党

の中で内紛のようなものがおきているのでしょうか?社民党が

合流に反対する理由は参議院選挙前の合流は不可能だというの

が理由で、吉田忠智党首は5月末に全国の代表者を集めた会議

を開いたうえで、意見を聴くことにしているようですがそれだ

とそれこそ時間的に合流は不可能となってしまうのではないで

しょうか?

 

そもそも維新の党も当初は民主党のとの協議が長引き、参議院

選挙まで時間がないとして合併に否定的でしたが、結局は合併

が実現し民進党へと名を変えてスタートしています。それを考

えた場合社民党が民進党に合流するのは時間的には可能でしか

も合併ではないのですから、規約や党名変更などの話し合いも

する必要はありません。

 

結局のところ社民党が合流に反対しているのは、党がなくなる

事に抵抗しているだけでの話ではないでしょうか?過去には村

山元首相も社民党にこだわって戦う必要はないとしていて、あ

とは社民党の決断次第と考えれられます。民進党側は

「両党首間で非公式に合流の話をしている」と明かした上で、

「まだ相手側の意見がまとまっていない」と説明。

以上。時事通信ソース。

 

として吉田忠智党首も現地点で民進党に正式に合流を打診した

わけはないとしており、民進党側が先に情報を流すことにより、

社民党の合流を促す狙いもあるのかもしれません。

広告

年々比例票を減らしていく社民党。

2013年7月21日に行われた参議院選挙で社民党は比例で125万

5235票で2.4%の得票率にとどまっており2010の参議院選挙の

224万2735票の3.8%から大きく票を減らしていて、今回の参

議院選挙はまさに党の存続を賭けた選挙となります。

 

比例票は選挙ごとに確実に減らしており、党の衰退が止まらな

い中で比較的政策が近いとされている日本共産党にも大きく水

をあけられて現状に、党の存在感にも独自性が打ちだせず手詰

まりの状態となっています。

 

現在社民党議員は5人で、今回の参議員選挙は吉田忠智党首と

福島瑞穂副党首が比例で改選を迎える事になっており、まであ

まり時間がない中社民党は決断の時を迎えています。

広告

 - 政治 , , , ,