PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

睡眠薬遊びが蔓延か。昭和より存在し市販・効果・副作用の複雑要素が。

   

Pocket
LINEで送る

大阪市で若者が道交法違反で逮捕されたのですが、その際に若者は睡眠

薬を「眠剤(みんざい)ハイ」「眠剤ラリ」という通常の使用方法とは

違った危険な方法で使用しており、睡眠薬の使用方法が今後問題となる

かもしれません。

 

若者の間で睡眠薬遊びが蔓延。

18歳の若者が道交法違反(過労運転等)容疑で逮捕されたのですが、そ

の際に睡眠薬を飲んで興奮状態になる状態で運転していたとしています。

睡眠薬は副作用の恐れもあるとして注意喚起がなされています。

広告

ちなみに薬局では睡眠導入剤なるものが購入できるのですが、睡眠薬との

違いというのは厳密には存在しないそうで、寝付けないタイプに用意られ

る薬を睡眠薬、即効性があるものを睡眠導入剤とする見方もあるようです。

 

どちらにしても薬品なので危険な事に変わりはないのでしょうが、

男性は、睡眠薬の入手方法について「大阪市内の路上で密売人と知り合

いになり、欲しいときは電話していた。1錠100円で買っていた」と

話したという。少年は事故時が初めての服用だったとみられるが、未成

年でも軽い気持ちで正規の処方でない“闇ルート”で睡眠薬を入手できて

しまう実態がうかがえる。

以上。産経新聞ソース。

 

として闇ルートで購入できる手段がある事が睡眠薬遊びの温床になっている

としています。大阪市内といえばあの場所を思い浮かぶのですが、あの場所

では期限切れのコンビニ弁当や正体不明の薬やなぜかはわかりませんが健康

保険証まで売っていたりしています。だからなのでしょうかあの辺では家の

入口に防犯カメラを設置しているところが多いです。理由は新聞を盗まれる

からなのですが。

 

睡眠薬といえばハルシオンを思い浮かぶ人が多いかと思いますが、危険な使

用法においてはハルシオンうんぬん関係なく使用自体が問題視される事案です。

さらには市販薬であろうとなかろうと睡眠薬とされるものには副作用があり、

睡眠薬の危険性について

埼玉医科大医学部の上條吉人教授は「睡眠薬は脳全体の働きを抑制する

作用があるので、理性による行動抑制にも影響を与えてしまう」と指摘。

「服用しても寝ずに起きていれば、酒を飲んで酩(めい)酊(てい)し

たときと同じように理性のたがが外れる。ただ、陽気に騒ぐだけでなく、

気が大きくなって攻撃的、暴力的となることもある」

以上。産経新聞ソース。

 

として日本は海外と比べ睡眠薬による規制が甘いとして規制を強化すべき

だとしているのですが、闇ルートの摘発は容易ではなく規制で対処できる

かどうかはなんとも言えないところです。

広告

昭和より存在していた睡眠薬遊び。

この睡眠薬遊びなるものは意外と歴史は古く昭和30年代から存在していまし

た。昭和39年版の犯罪白書によれば、「睡眠薬遊び」という言葉が登場して

おり昭和25年頃にはすでに盛り場にいる労働者が、焼酎やビールにブロバリ

ンやバラミンなどを混入させ酔を強める目的で使用していたのが、しだいに

非行少年の間にも広まったとしています。

 

昭和38年11月に全国の少年鑑別所に収容された非行少年を対象に、睡眠薬の

使用情況の実態調査を行なっところ、全収容者の9%が睡眠薬の使用経験者と

なっていて、男子収容者の8.1%,女子収容者の18.5%が該当したとしていま

す。睡眠薬の入手経路は、友人から手に入れる、不良グループから手に入れた

ケースが50%,自分で薬屋から直接購入している者が50%という結果が出て

いました。

 

時代は流れその間におそらくは規制を行ってきたのでしょうが、一時期はやっ

た危険ドラッグ動揺蔓延するようになるのであれば、やはり規制という流れに

なるのかもしれません。ただ、危険ドラッグとは違い睡眠薬そのものはまっと

うな薬なのでどうしても規制には慎重さが求められます。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 便利 , , ,