PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

園田博之自民党議員が200万円を報告書に未記入も選挙事務所を通じ否定。

   

Pocket

自民党・園田博之氏がNPO法人側から200万円を受け取ったにも関わらず、

政治資金収支報告書に記載しなかったとしてNPO側は、近く東京地検特捜

部に政治資金規正法違反罪の告発状を提出するとしています。

 

園田博之氏が現金200万円を受けとりながら政治資金収支報告書に未記入。

自民党の衆院議員・園田博之氏は2013年に兵庫県西宮市のNPO法人「西宮

障害者雇用支援センター協会」から現金200万円受けとりながら、政治資金

収支報告書への記載がない事がわかりました。

広告

園田博之氏は協会へ「急ぎで助けてほしい」などと依頼をしたとしています。

この協会は政治資金規正法違反(不記載)の違反容疑などで近く東京地検特

捜部に刑事告発するとしています。

協会は西宮市などから公園の清掃・除草業務を年間約3億円(16年度)

で請け負い、約70人の障害者や高齢者を現場に派遣している。寺下篤史

(あつし)理事長(35)は「障害者に関する施策を推進してほしいと期

待して資金提供したが効果がなかった」などと園田氏を批判している。

以上。毎日新聞ソース。

 

としてこの協会は園田博之氏がNPO法人を食い物にしたともしています。寺

下篤史理事長の父で協会の寺下勝広顧問(73)の名前を挙げており寺下勝

広顧問から現金を預り振り込んだと話しています。顧問と理事長は「寺下」

の名前を使用するとNPOだとばれるので従業員に振り込んでもらったともし

ていて、協会からの寄付だったことを認めています。

 

これだけを聞くとどっちもどっちという話なのでしょうが、どちらにして

も政治資金であるとしたら政治資金収支報告書に記載する必要があるので

すが、園田博之氏の資金管理団体にはそのような記載はありません。

 

園田博之氏は事務所を通じ病気療養中だとしながらも便宜供与を否定してい

ます。

広告

園田博之氏はどのような議員なのか?

園田博之氏は1942年2月19日生まれの熊本県天草郡河浦町(現天草市)出身。

日本大学経済学部卒業し、日魯漁業(現マルハニチロ)に入社しています。

 

政界へはこれまで無所属→自由民主党→新党さきがけ→無所属→自由民主党→

たちあがれ日本→太陽の党→日本維新の会→次世代の党→太陽の党→次世代

の党→自由民主党と党を渡り歩いています。現在は自民党所属で3度目の入党と

なっています。

 

1984年に旧熊本2区から無所属で立候補し初当選後自民党に入党してからこ

れまで1996年に小選挙区制に移行後の熊本4区時代を含め当選回数はこれま

で11回を数えます。ただし2017年10月に行われた衆議院選挙では区割り変

更があったので、九州比例単独での立候補となっています。自民党では73歳

以上の候補者は比例での立候補はできない事になっているのですが、区割り

変更を理由に例外扱いとなっています。

広告

 - 事件, 政治 ,