PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

軽井沢スキーバス転落事故。運転手の罪、賠償金はどうなるのか?

      2016/09/13

Pocket

今回1985年以来の大惨事となった軽井沢スキーバス転落事故で

すが、運転手2人が犠牲となっている事もありなかなか全容解明

とはいかないようですが、今後予想される展開として「賠償責任

」があるのですが、このあたりはちどういう流れになるのでしょ

うか?

 

今回どのような罪に問われるのか?

まず今回の事故に関して、刑事責任がどのように問われるかですが

死亡した運転手に関しては、罪を問われる事はありません。なんら

かの罪状(危険運転致死傷?)かもしれませんが、起訴はされません。

広告

そうなると、罪に問われるのは、会社側であり運航業者のESPか、旅行

会社のキースツアーという事になりますが、運転手の健康状態などを

検査をしていなかった等の運営違反が見つかっているので、道路交通法

66条にある過労運転の禁止に当たる可能性があります。

 

賠償責任はどうなるのか?

では賠償責任はどうなるのでしょうか?

賠償となると、現地点で対象となるのはイーエスピーとキースツアー

になりますが、バス会社がツアーを請け負う際の運賃の基準を最低27

円と設定されていますが、これを大幅に下回る19万円にしていたことが

明らかになっています。

この19万円はキースツアーが雪が少ないからと言う理由で提案したと

していますが、まだこのあたりの全容解明はできていません。

しかし、この違法な運賃基準にキースツアーが関わっていたのなら

当然賠償責任の対象にはなるでしょう。

広告

そして当然バス会社も賠償責任の対象となり、責任については監督責任

やバス運転手を起用した事による使用者責任がありますが、これまでの

報道の流れではどちらともかなりの落ち度があったようなので、免責が

適用される事はまずないでしょう。

 

賠償額ですが、過去の判例から考えた場合、賠償額は1人あたり2300万

円程度が予想されます。

その上で、慰謝料とは別に発生する逸失利益というのがあり、

「男性の大学生の場合、基礎収入は648万円。22歳から67歳まで4

5年働き、うち生活費に50%かかったとする。その場合、中間利息を控

除した係数を乗じた逸失利益は、5758万円になる」

以上。産経新聞ソース。

女性の場合は基礎収入が男性よりも低いという評価になるため、同じく45年働

いたと考えると逸失利益は3936万円ほどになるそうです。

計算上は、

男性被害者の場合 2300万円+5758万円=8058万円

女性被害者の場合 2300万円+3936万円=6236万円

犠牲者の内訳は男性は10人で女性は5人なので、

8億580万円+3億1180万円で約11億1760万円程の賠償金になるでしょうか?

ただしこの金額は犠牲者の方のみの算出なので、生存者の方の分はケガの重さ

などで変わって来るので最終的な金額はなんとも言えない所です。

広告

 - 事件