PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

篠原孝氏が新党結成を視野。民進党離党から希望の党公認を辞退。

   

Pocket

今回の衆議院選挙で長野1区から無所属で出馬した篠原孝氏が新党を結成

するかもしれません。この新党構想は実現するのでしょうか?

 

篠原孝氏が新党結成に言及。

当初希望の党からの出馬予定も無所属での出馬に切り替えた篠原孝氏です

が、長野1区で6回目の当選を果たした10月23日に中道リベラルの受け皿

になる新党を立ち上げると語っています。

広告

希望の党の公認を辞退し無所属で立候補した篠原さんは、「希望の党に

泣く泣く行っている人が大勢いる。

この人たちが早く居場所を見つけて、一緒に活動出来るようにするのが

大切ではないか」と述べて、党派に関わらず当選した中道リベラルな考

えの人たちの受け皿となる新党の立ち上げに意欲を示しました。

篠原さんは新党立ち上げのまとめ役の中心になるとした一方、自ら党首

になる考えはないとも述べました。

以上。SBC信越放送ソース。

 

リベラル系とされる政党にはすでに立憲民主党が(立憲民主党は右でも左

でもないとしている)あるわけですが、そこへは合流せずに中道リベラル

というなんだかよくわからない方向性の政党を結成する可能性を示唆して

いるという事で、主に希望の党からの離反者が合流する可能性が高いと思

われ、どれだけの人数が集まるかはわかりませんが、仮に何人かが希望の

党から合流となれば、希望の党にとってはさらに痛手となるでしょう。

広告

篠原孝氏は1948年7月17日生まれの長野県中野市出身。長野県長野高等学

校、京都大学法学部を卒業しています。2003年の第43回衆議院議員総選挙

に民主党公認で長野第1区から出馬しましたがこの時は小選挙区で落選し比

例で復活当選しています。

 

2005年の第44回衆議院議員総選挙も同じく比例復活で当選しており、2009

年の選挙で初めて小選挙区で当選、以降は2012年・2014年の選挙にも小選

挙当選を果たしました。

 

2017年は民進党を解党し希望の党からの出馬の予定も無所属で出馬する事と

なり131,883票を獲得し次点の自民党候補に比例復活の当選も許さない得票

差で勝利しました。

 

今回の中道リベラル政党についてなぜ立憲民主党に合流しないのかはわかり

ませんが、2016年の民進党代表だった蓮舫氏に2重国籍問題が起きた際9月

15日に

民進党の篠原孝元農林水産副大臣は15日の常任幹事会で、蓮舫代表代行

に台湾籍が残っていた問題を指摘し、代表選のやり直しを執行部に要求し

た。「民進党の危機ではないか。このまま進んでよいのか」と述べた。

 これに対し枝野幸男幹事長は「今は選挙期間中だ」と語り、要求に応じ

なかった。

以上。産経新聞ソース。

 

としておりこの事がネックとなって、枝野幸男代表の立憲民主党への合流はし

たくないのかもしれません。場合によっては将来的に蓮舫氏も立憲民主党に合

流する可能性があります。

 

新党結成はいいのですが、党としても将来像を国民によく見せないと野党への

風向きがさらに厳しくなり、それこそ希望の党みたく国民から見放される事に

なりかねません。

広告

 - 政治