PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

佐藤隆太と三浦翔平が「低視聴率王」?出演ドラマに恵まれず?

      2016/09/12

Pocket

テレビ業界で”低視聴率王”なる位置づけをされている人達が

いるようなのですが、勝手に位置づけされる側は迷惑な事こ

の上ないのですが、出演している人は当然視聴率を気にする

でしょうから、”低視聴率王”という流れができるのはしかた

ない側面はあるのですが・・・。

最近までは阿部寛の名前がでていたのですが、「下町ロケット」

の成功で”低視聴率王”返上となりました。

しかし、他にいるようで名前が挙がったのが佐藤隆太と三浦翔平

だったのです。

 

佐藤隆太のこれまでの主な出演ドラマは?

佐藤隆太は2008年4月にROOKIESで初主演を果たしました。

当時の視聴率は、平均で14.9%で初回こそ全話の中で1番視

聴率が悪かったものの、2話目以降では少しずつ視聴率を伸ば

していき、最終話は19.5%という最高視聴率で終えました。

ただし、その3か月後の放送されたスペシャル版は10%とかなり

悪い数字でした。

広告

2010年1月に放送されたフジテレビ系列の「まっすぐな男」は、

初回こそ10%を超える視聴率でスタートしたものの、その後は

8話を除いて最終10話まで視聴率が2ケタになる事はありません

でした。その後の番組が「チーム・バチスタ2」で高視聴率だった

事もあり明暗が分かれた形です。

 

熱中時代は日本テレビ系列にてスペシャル版で放送された番組で、

1978年に水谷豊主演のドラマをリメイクしたものでした。

この番組の売りの1つとして、レギュラー放送で校長を演じていた

船越英二の息子である船越英一郎が、このスペシャル版で父と同じく

校長役を務めているという点でしたが、視聴率は9.4%と振るわなか

ったようで、続編を連想させるラストだったにもかかわらずその後の

作品がありません。

 

クレオパトラな女たちは日本テレビ系列で2012年4月18日から22:00

からの放送でしたが、1話が最高視聴率9.9%で以降は最終話の8話終了ま

で一度も視聴率が2ケタになる事はなく平均視聴率は7.8%でした。

広告

三浦翔平のこれまでの主な出演ドラマは?

三浦翔平は2008年4月19日に日本テレビ系列で放送された「ごくせん」

第3シリーズに生徒役で出演し人気のきっかけを作りましたが、フジテレ

ビ系列で2012年10月10日から放送された「東京全力少女」は、一度も

視聴率が2ケタに達する事はなく平均視聴率は7.7%でした。

 

TBS系列で放送された2011年1月16日放送開始の「スクール!!」は

初回こそ11%とよかったものの、2話目以降は一度も2ケタの視聴率

に達せず平均視聴率は9.2%でした。ちなみに3月13日放送予定の9話

は東日本大震災の影響で放送中止となり、3月20日に9話と最終10話

をまとめて放送しています。

 

TBS系列で放送された2015年7月7日放送開始の「ホテルコンシェルジ

ュ」は準主演という位置づけでしたが、こちらも初回が最高視聴率で

以降も1ケタと低迷し平均視聴率は7.9%でした。

 

ただし、三浦翔平は主演作品がなく主演に近い役が多いという意味では

差し引いて考える必要があるのですが、代表作がないとなると制作側は

三浦翔平を主演でという話にはなりにくいかもしれません。

 

佐藤隆太と三浦翔平の名前が出ましたが、別に2人の演技力に問題がある

わけでもなさそうですし、もしかしたらいいドラマとの出会いとかの縁も

あるのかもしれません。

もし2人が下町ロケットに出演していたら・・・役どころはともかくとし

て視聴率が大きく下がったりすることはないでしょうし、反対に彼らの代

表作として評価されていた可能性もあると考えます。

広告

 - 芸能